「人生にリセットボタンはないんだよ!」
若者に向けてよく言われる言葉ですが、最近は事情が変わってきているようで…

「人生にリセットボタンはねえんだ!!」
「最近のゲーム機にもリセットボタンねえよ!!」
「えっ。じゃあ人生にセーブ&ロード機能はねえんだ!!!」
「最近のソーシャルゲームにもそんな機能ねえよ!!!」
「えっ。えっ。じゃ、じゃあ人生に課金システムは」
「あるよね」
「うん、あるね」

出典 http://mubou.seesaa.net

近年のゲーム機には基本的に「リセットボタン」という機能が存在せず、多くは「ホームに戻る」機能からのゲーム再起動で代用されている。また、近年主流のブラウザゲームやソーシャルゲーム、ないしオンラインゲームなどでは、そもそも「リセット」という概念が存在しない。そこにあるのはリセマラのみである。

出典 http://mubou.seesaa.net

ここに、「リセットボタン」という存在に触れたことがない世代、というジェネレーションギャップが存在する。おそらく、ゲームになじみのない中高齢の方が、このジェネレーションギャップを理解するのはかなり難しい筈だ。

出典 http://mubou.seesaa.net

リセマラとは「リセットマラソン」、オンラインゲームでインストールとアンインストールを繰り返し、初回に手に入るキャラ等を強力なものにする為に行う行為のことです。スタートからできるだけ有利に運ぶようにするわけですね。既にこの段階でジェネレーションギャップが…。

そうですね、大切なのはその中身。Twitterでも人生とリセットに関して様々な意見が寄せられています。

江頭2:50さん、さすがの名言。

まだ始まってもないわけですからね…。

確かに豪華にもなるし強くもなれるけど…。

自動で悪いところ見つけてそれを治してくれます。でもなぜ今!?となることも。

リセット=ゲームオーバー・終了ではありません。

真意がどこにあるかをつかむことが大切。

リセットとリセットボタン。人によって様々な意味に捉えられています。リセットするな=諦めるな、という文脈で使われると思いますが、前向きなリセット=リスタートだってあるわけで。リスタートの意味であればリセットもリセットボタンも価値あるものだと思います。「現実とゲームの区別」についてはまた次の機会に書けることがあれば。

ということで、最近「人生に手軽なやり直しをする機能はない」という意味でゲームを引き合いに出した説教をしたくなった中高齢の方は、まず相手のゲーム歴・ゲーム機遍歴を確認してから、

・人生にリセットボタンはない
・人生にデータレコーダーはない
・人生にふっかつのじゅもんはない
・人生にオートセーブ&ロード機能はない
・人生にターボファイルはない
・人生にソフトリセット機能はない
・人生に天の声IIはない
・人生にミッション中断機能はない
・人生に「ホームに戻る」機能はない
・人生にリセマラはない

出典 http://mubou.seesaa.net

うーん。それにしても最近のゲーム事情にすっかり疎くなってるのだな、とドラクエ3でセーブできたことに感激したファミコン世代のおじさんは思うのであります。


こちらもどうぞ。

この記事を書いたユーザー

まきの@うち このユーザーの他の記事を見る

酒と泪と家族とコネタをこよなく愛する40代半ばの週末料理人、たまに公式ライター。兵庫県生まれ兵庫県育ち。東京在住。主に飲み屋街に出没。人生はプロレス。生きものばんざい。涙腺弱い。胆石持ち。豆腐メンタル。アイドル好き。同級生の嫁、大学生の息子と中3の娘、そしてカメ3匹と暮らしています。BABYMETALが遠くに行ってしまい子離れに耐える親気分w (twitter: @makidekazu )

得意ジャンル
  • 社会問題
  • 動物
  • ライフハック
  • 広告
  • グルメ
  • 料理
  • カルチャー
  • エンタメ
  • おもしろ

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス