記事提供:Doctors Me

医師が解説する医療・健康サイト「Doctors Me」編集部です。
綺麗になりたいと思う女性は、肌のケアや食事、運動などさまざまな努力で日々女磨きに力を入れています。しかし、一番手を抜いてしまいがちなのがデリケートゾーン。ふとした時にムレて臭う、水着を着たいのに黒ずみが気になる、お風呂に入っているのに痒いなんて感じたことはありませんか? 今回は、デリケートゾーンの痒み、臭い、黒ずみに焦点をあて、その原因やケア方法について医師に教えてもらいました。

デリケートゾーンはとっても敏感!

デリケートゾーンは、皮膚の中でも顔や腕、背中などとは違い、粘膜といって皮膚に比べ角質層が薄く、とても敏感な部分です。そのためちょっとした刺激に弱く、痒みや臭い、さらに黒ずみなどが発生しやすい部位といえます。

“痒み”の原因は下着のスレや乾燥

下着のスレや分泌物、生理などによる不衛生な環境による刺激や、冬に起こりやすい乾燥によって痒みが生じます。
痒い部分を一度かいてしまうと、皮膚が傷付きます。再生しようとしても治癒過程に痒みが起きて、再度かいてしまうという悪循環を繰り返してしまいがち。また、下着によるスレなど原因を取り除くことができない限り、なかなか治りにくいのも特徴です。

“臭い”の元はさまざまな分泌物

臭いの原因は汗や尿、生理による経血そしておりものと、さまざまな分泌物です。
そしてデリケートゾーンには、保護するために常在菌が存在しています。その常在菌が分泌物や排泄物を餌とし、老廃物を排泄することで臭いの原因をつくりだします。また、身体の表面に存在するアポクリン腺がニオイの原因となることもあります。

“黒ずみ”の原因は摩擦や乾燥

黒ずみは下着による摩擦や刺激、皮膚の乾燥が原因です。肌は刺激を感じるとメラニン色素が働きます。デリケートゾーンでは、常に同一部位への刺激があることから、このメラニン色素がほかの皮膚よりも活発に働くため、黒ずみができやすいのです。

デリケートゾーンのケア・3つのポイント

Licensed by gettyimages ®

1.お風呂のケアで清潔な状態を保つ
専用の石鹸や弱酸性のボディーソープなど刺激の少ない石鹸を使って泡立て、優しく洗って清潔な状態にします。生理のときには、便座に設置されている「ビデ」を使用しましょう。

2.きちんと保湿して乾燥を避ける
専用の保湿材やワセリンなど刺激の少ないクリームで保湿してください。夏だからといって保湿しないのは、皮膚の再生を阻害してしまうだけです。

3. 刺激を避けるために正しい下着を選ぶ
化学繊維のナイロン製ではなく、肌に優しい綿100%やオーガニックコットン、シルク素材が理想です。狭い下着も避けましょう。

≪生理痛がひどくなるのは生活習慣が原因かも…≫
1分で簡単チェック【生理痛になりやすい生活習慣】を診断してみる

【医師からのアドバイス】

普段露出する顔や四肢に比べ、デリケートゾーンはケアをおろそかにしがちな部分です。少しだけ意識してあげることで、痒みや臭い、黒ずみといった悩みも軽減できますよ。綺麗になりたいという気持ちをデリケートゾーンにも向けることで、さらに女性としての磨きがかかることでしょう。

あなたのデリケートゾーンゆるんでない?
「デリケートゾーン老化度」チェックはコチラから

この記事を書いたユーザー

Doctors Me(ドクターズミー) このユーザーの他の記事を見る

Doctors Me(ドクターズミー)は、医師、薬剤師、歯科医、栄養士、カウンセラー、獣医に相談できる、ヘルスケアQ&Aサービスです。医師をはじめとする専門家が解説する人気コラム、病気・症状の体験談等を配信中!

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス