赤ちゃんを預け働くときの心構え

子育てママが全員自宅で過ごせるのではなく、いろいろな事情で赤ちゃんを預け働く方がいます。

わたしも生後6か月ぐらいから赤ちゃんを保育園に預け働いてますが、大変な不安、葛藤がありました。

保育園に預けると、先生以外に、胃兄さん、お姉さん、友人のお母さんなど家族以外の方たちと触れ合えます。

赤ちゃんの成長をともに喜んでくれる方を増やし、一緒に喜んでみましょう。

時に親が気がつかない小さい変化を周りの方が教えてくれたりします。

掃除や洗濯、ごはんの準備などすることがたくさんありますが、手を抜いても生きられる家事は意識して手を抜いてもいいです。赤ちゃんはいつか子供になって、気が付くと親の手を離れてます。

それまでは、多少のことに目をつぶって、その分の時間で赤ちゃんとふれあってください。

時に小さい赤ちゃんを預け働いてることに批判的な意見をいただくことがありますが、働く背中を赤ちゃんい魅せるといった育て方をしてると割り切り、自信を持ってください。

友人に囲まれ栄養のある給食を食べ保育園で過ごす時間もいいものです。

しごと、家事と育児に追われ、全部の責任を果たそうとすれば疲れます。そうした時心のもやもやを言葉にして吐き出します。

配属社、保育戦の先生、同僚、親、ママ友など、周りの方に聞いてもらうだけで心の整理ができ落ち着けます。

周りの方も意外と同じことで悩んだりします。

心もモヤモヤを赤ちゃんのせいにしないでください。

睡眠時間が3時間しか取れなかったり、風邪を引いても休めなかったり、家が空き巣に入った後のように有れていたり、とにかく過酷な状況が続くときがあります。

疲れを感じてなくても、赤ちゃんが寝てるときぎゅっと抱きぬくもりを感じて寝てみて、心、身体に栄養補給を。


育児でイライラするときに

育児書、周りの子に比べ、このぐらいできて当たり前、うちの子は努力が足りてないと考えていれば、どんどん子のいいところ、頑張っている所に気がつかなくなって、イライラするといった悪循環に。

わたしは2番目の子が生まれたとき上の子は3歳でしたが、赤ちゃんの世話で眠いのに、上の子が言うことを聞いてくれない時イライラすることが多く、もう3歳なんだから…、姉なのでいうことを聞いてくれてもいいと思って、イライラしてしまいました。

それまで一人で独占してた親の愛情が赤ちゃんに突然奪われた気がして寂しいというのはわかっていても、イライラして叱ったり、あとでかわいそうなこと舌と反省したことがしょっちゅう。

ママのイライラは子に伝わって、ますますイライラする状況になることが多く、心の中ではイライラが爆発していても頑張って優しいままを演じましょう。

じぶんで最優秀女優賞を挙げられるぐらい、そうすれば意外に子もいい子になったりします。

あくまで演じるだけ。心の中でイライラは自由です。

私がしてみて効果があったのは鳴きまねで、子供が幼稚園ぐらいのときわがままを言って泣き出したら、「そんなことを言ったらママもなきたくなる。」とウソ泣きしたら、子はびっくりして、いい子して慰めてくれました。

ですが、何回も使うと効果が薄れますから、ここぞというときに。

赤ちゃんのころやニッコリ笑顔の子供の写真を見たり、思い浮かべかわいいときがあった、いい子のときがあったなど考えれば、少しは気がまぎれます。

わたしの家は、冷蔵庫に小さいときから最近までの楽しい写真、ついでに自分が若い写真も張って、家族全員冷蔵庫を開けるたび目に入るようにしてます。

大きくなった子供は口げんかしてイライラすることもありますが、こうした工夫で和んでます。

この記事を書いたユーザー

fea このユーザーの他の記事を見る

SOHO

得意ジャンル
  • 美容、健康

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス