共働き夫婦のための家庭・仕事の両立のさせ方

共働きで子供がいるという家庭は何もかもがせわしなく、時間に追われがち。


その一方しごと家庭の両立に耐える夫婦関係の作り方を紹介。

週末の午前中夫婦間で明確な分業体制をとってます。

夫は、朝食後、子供たちを連れ家の外へ遊びに出て、子供の予防接種など必要に応じ受けに行きます。

この目的は子供を家から話し、子供を疲れさせること。

妻の仕事は、朝食後、平日にたまりがちになる家事を消化。そして家事を早く終わらせることにより、コーヒータイムなどリフレッシュも欠かせません。

この目的は部屋をきれいに掃除・心身のリフレッシュ

午前中沢山遊んだ子たちは、ぐっすり昼寝していて、夫婦ゆっくり過ごせます。

綺麗に掃除された部屋で、他愛もない会話や趣味の茶、本を楽しんだ理ども働きで子育て中の夫婦にはとても貴重な時です。

家族全体で行動するのはたのしいものですが、子供がいる分、夫婦の時間は薄れます。

週末の午前中あえて分業をして、午後に夫婦の時間を生む、それが家族間でなく夫婦間でも良好な関係を続けるポイントに。

仕事、家庭も中心的に取り仕切っていくのは当然その夫婦。このベースになる夫婦関係が強くなくては仕事や家庭もうまくいかないものです。

子どもができれば家族のきずなを意識することが多くなりますが、夫婦だけの時間はどうでしょうか?

ただでさえ忙しい共働きで、それをやり過ごせば、歪みが家族全体へと悪影響を及ぼしかねません。

子育ての共働き世帯において、夫婦関係が屋台骨に。この関係をしっかり育てることが、仕事、家庭の両立に耐える夫婦に出来上がっていきます。


シングルマザーで頑張るためには

最近離婚率が高くて、シングルマザーが増えてます。

ですが、こそだてには大変なことがたくさんあります。

両親そろった家庭でも育児の悩みは多くて、それがシングルになったらどうすればいいのでしょうか。

子どもにとって一番大事な存在の両親の一人がいないので、子供に何らかの反応を起こします。

反抗的になったり、甘えてきたり。そんな子供の複雑な心境を理解して、受け止める強さがないと、シングルマザーとして頑張るのは厳しいです。

一人で頑張り育児しなければ、父親代わりもしないと、など頑張りすぎるのはやめてください。

いつかぷつんときれ、何もできない状態になったりします。体力的・精神低につかれれば、子育てを楽しめません。

シングルマザーになった理由は様々でしょうが、夫婦どちらかに非があり離婚したり、一緒にいることが難しくなったり、旦那さんが早く亡くなった方もいることでしょう。

ですが、もしも自分が我慢すれば、この子から父親を奪わなくてよかったなど、自分を責めていたりして、すべて背負い込むのはやめてください。

相談できる人、育児に協力してくれる人を確保しましょう。周囲に頼るのは悪いことではなく、自分のためであり、子のためです。

頼られる人もじぶんを頼ってくれるのを悪く思う方は少なく、人から頼られるのはうれしいもの。

シングルマザーとして頑張るには周囲の協力が不可欠で、身近なところにたくさんいたりします。

一人でも広い心、強さ、勇気があれば、子はきっと複雑な環境を理解して、ついてきてくれるでしょう。

この記事を書いたユーザー

fea このユーザーの他の記事を見る

SOHO

得意ジャンル
  • 美容、健康

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス