マイナンバーの通知カードは届きましたか?

マイナンバーの通知カードが届かないといったトラブルが多くありましたが、無事に届き申請しましたか?中々実感のわかないマイナンバーですが、実用化に向けて企業はいち早く動き始めています。

会社からの提出を求められている方もすでに多くいると思いますが、そんなマイナンバーの提出を拒否したらどうなるのでしょうか?

会社から提出をお願いする通知が来たらどうする?

マイナンバー制度は行政の効率化、国民の利便性の向上、公平・公正な社会の実現のための社会基盤です。

出典 http://www.soumu.go.jp

マイナンバーはすべての情報を紐づけするためのキーであり、バラバラだった情報を間違いのないように管理するために生まれたようです。まずは、通知が来たら申請手続きが必要となりまますが、インターネットからでもスマートフォンからでも申請が可能です。

会社へのマイナンバー提出を拒否したら、どうなる?

マイナンバーは、社会保障、税、災害対策の分野で効率的に情報を管理し、複数の機関が保有する個人の情報が同一人の情報であることを確認するために活用されます。

出典 http://www.soumu.go.jp

本来必ず必要な情報なので、拒否した場合は会社側から提出してほしいといったお願いを受けることになるようです。どういった理由で拒否をするのかといった具合に、話し合いが重ねられるようですが、提出する側として一番気になるのは管理方法ではないでしょうか。

社員が提出を拒否をしたからといって会社側にデメリットはないようですが、管理方法を信用していませんと断言する行為にもなってしまうので慎重な姿勢が求められているようです。

企業は「法令上の義務」として取り扱うこととなっている

営利目的でマイナンバーを取り扱うわけではなく、概して法令上の義務として取り扱うことになる

出典 http://headlines.yahoo.co.jp

企業は取得したマイナンバーは「法令上の義務」に遵守し、取り扱う義務が発生していますので、目的以外で使用することは禁止されています。

そもそも、提出したマイナンバーは、何に使用されるのか?

取得できたマイナンバーは、給与所得の『源泉徴収票』や『雇用保険被保険者資格取得届』などの手続書類に記載して、税務当局やハローワークなどに提出

出典 http://headlines.yahoo.co.jp

企業は、給与取得に関わるような書類や雇用保険等々の提出書類にマイナンバーを使用するそうです。様々な機関を通す情報をミスなく共有する目的なので、運用をしっかりすることで本来ならばマイナンバーの持ち主が安心できる機能のひとつになると思われます。

どのようにしてマイナンバーを管理し守るのか?

マイナンバーを取り扱う以上、番号法や個人情報保護法等を遵守する必要があり

出典 http://headlines.yahoo.co.jp

企業は、マイナンバーをどのように取り扱うのか社員に説明する必要があるそうです。ただ単に「提出してください。書類に必要なんで」といって通達されるのは正しい姿ではないようです。ですが、ほとんどの場合が慣例的に提出を求められてしまうのではないかと感じています。

マイナンバーの取り扱いを社内で行う場合もあれば、外部業者に委託する場合もあるでしょう。どこまで会社が社員に通達し、どういった管理をするのかを伝える義務をどこまで行うのかは、これからの実用が本格的になることで様々な問題が発生するかもしれませんが、個人情報の流出が多くある中どうやって運用していくかに注目が集まっていると思います。

この記事を書いたユーザー

ぽんたす このユーザーの他の記事を見る

山の麓に移住しスローライフを楽しみながら記事を書くWebライターです。
お役立ち情報など、色々な話題を発信中!

得意ジャンル
  • インテリア
  • マネー
  • 社会問題
  • 動物
  • ライフハック
  • 育児
  • 暮らし
  • 美容、健康
  • コラム
  • ニュース

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス