あの想いは消えることはない。記憶に残り続ける名作、タイタニック。

出典 http://livedoor.blogimg.jp

今から104年ほど前の1912年。大西洋の海底へ姿を消した巨大な豪華客船タイタニック号。映画が公開された当時は、「映画館に5回足を運んだ」なんて話も珍しくありませんでした。

身分は違えど恋に堕ち、永遠の愛を誓いあう2人だったが・・・

出典 http://d13n9ry8xcpemi.cloudfront.net

タイタニック号は、不運としか思えない不慮の海難事故に遭遇。航海中に氷山と接触し、船内はみるみる浸水していきます。
【絶対に沈まない船】が処女航海にして、沈没という結果を招いたのです。

船に乗る約3000名のうち、救助されたのは約700名。1500名以上の命が絶たれました。

映画でも、最愛の恋人を失うシーン、赤ちゃんを抱いたまま海面に浮かぶ姿はあまりにも悲しいものでしたよね。

絶対に沈まないとされながらも沈没という結果に終わってしまったタイタニック。一体なぜ?

出典 http://www1.jpkabegami.com

映画を見て、「?」という気になる点はありませんでしたか?

作中の会話にもいくつかポイントがあるかと思います。
・船長のスミス氏(主にイズメイ氏という、船会社ホワイトスターライン社の息子。タイタニックのオーナーです)はタイタニックの見た目だけではなく、スピードにもこだわっていた(新聞での見栄えも良いですしね)
・見た目のためにと、避難用ボートの数はとても少なかった。
・巨大豪華客船でありながら、氷山の発見になぜか遅れてしまった。
見張り台には双眼鏡があるはずだが、実際はその場に無かった、とも言われているそう (実際映画でも、肉眼で氷山を確認していましたね。)


新造船のタイタニックがあれよあれよという間に事故に遭遇、なす術無く大西洋の底へと沈んでしまう。

出典 https://upload.wikimedia.org

一時は海底からの引き揚げも検討されていたタイタニック。しかし2004年、その計画は中止になります。
長い年月が経ち海底の船体は傷みもひどく、何より歴史に残る至上最悪の海難事故、そして文化的価値があるとしてタイタニック保護法が制定され、海底に眠るタイタニックのそれ以上の調査を禁止する、というものでした。

大西洋海底に今も眠り続けるタイタニック号

出典 http://www.maritimequest.com

至上最悪の事故ならば真っ先に調査すべきではなかったのか・・・?
と、シンプルに思いますよね。

しかし、調査されず、真相までも海の底深く眠ってしまったのです。

実はタイタニックには、ある説が飛び交っていたのです。

タイタニック号はそもそも沈んでいない。という説。

出典 http://imgc.allpostersimages.com

後に動画をご覧いただくとして、簡単に説明すると・・・。

タイタニック号の姉妹船に、【オリンピック号】というタイタニックと見分けがつかないほどに似た客船が当時すでに就航しており、タイタニックの処女航海を前に軍艦との接触事故を起こしてしまい、よって資金繰りに頭を抱えることに。それがホワイトスターライン社です。

オリンピック号を修理するとしてドックに入れ・・・るふりをして、オリンピック号船体の名前がタイタニックに書き換えられます。

事故にあったばかりのオリンピック号を【タイタニック】だとして、処女航海に出した、と言われているのです・・・

これがそのオリンピック号・・・。

出典 http://blogs.c.yimg.jp

事故にあった船が更に氷山に激突したとしたら・・・沈まないわけがありませんよね。

更に恐ろしいことに、タイタニック号(という名のオリンピック号)。航海直前に、不自然なほどに莫大な保険金がかけられていた、というのですから驚きです。

【絶対に沈まない】と豪語しながら、不自然ですよね。

都市伝説とあなどるなかれ(笑)竹山さん、お願いします!

出典 YouTube

ちなみに当時新しいまま航海を待っていたタイタニック号はその後、20数年大西洋航路を渡り続けた、と言われています。

言葉をお借りすると、【信じるか信じないかは、あなた次第です】ですね!

この記事を書いたユーザー

くっく☆マニアン このユーザーの他の記事を見る

キモチがあれば 料理は変わる
想いをこめれば 必ず伝わる
をモットーに、のほほんと料理をしています。
宇宙大好き人間。旅が大好き。ゲームも得意です。

得意ジャンル
  • 音楽
  • 動物
  • 海外旅行
  • グルメ
  • 料理
  • 暮らし
  • ゲーム
  • カルチャー
  • 感動
  • コラム
  • おもしろ

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス