育児疲れの妻の気分をリフレッシュさせるには

小さいお子様の育児は、とても大事で大変なものですが、子供は元気が一番ですが、本当に疲れ知らずで、大人はエネルギーを吸い取られてしまいます。

よくお父さんは、この笑顔に癒されると言いますが、1日中世話してるお母さんは大変。

1日が終わるころにはぐったり休息、リフレッシュが必要。

1か月に1回でいいので自分だけの自由な時間がほしい、これが子育て中のお母さんの正直な気持ち。

その時間を使い、ショッピングしたり映画見たり、少しでも自分の趣味の時間を作ることが大事。

たまに仲良い友人と会い、おしゃべりやお酒を飲んだりしたい。子育て中のお母さんはなかなきょる外出が難しく、たまに息抜きしてみたいでしょう。

こそだては楽しいだけでなく、病気、成長に関してなど、心配なことが山盛り。こんな大変なことを一人でするのは、すぐに参ってしまいます。

もっと身近にいる夫が、日々の育児に積極参加して、心配事を共有してお母さんの精神的負担を少なくしてあげてください。

妻が気分をリフレッシュするためや針夫の協力が一番で、子はかわいいですが、親の瀬金は大きくて、妻一人でその負担を背負えばとても疲れます。

たまに夫がこの面倒を見て、妻におでかけする時間を作ってあげてください。

半日のみでもいいですから、一人の時間を持つことにより、気分がリフレッシュ。

そして、ちょっとだけでも子と離れることにより明日から育児を頑張ろうといった気分になります。

ママになり孤独から気分を紛らわすために

ママになれが外出も自由にできなくて、出かける場所も限られて、孤独感を感じるママは多いです。

赤ちゃんと常に一緒のまま。産後1か月は外出を控えなければならず、その後も昼夜の区別がつかない赤ちゃんを24時間世話しなくてはなりません。

一見幸せですが、私も突然の環境の変化に、不安、恐怖を感じていて、きがるに友人と出かけたり誘ったりできなくて、ひどりぼっちみたいな孤独を感じました。

一番の協力者で仲間の夫がそばにいてくれるだけで違い、話を聞いてもらうだけで孤独感が和らぎます。

出産前、働いてるときはたくさんの方と会話して、会社の一員として生活していた私。

子が生まれ過程に入れば急に社会から取り残された孤独感に襲われ、自分という人間を誰も見てくれないのではといったネガティブな気分に。

今独身をたのしんでいる友人もいずれとおる道に、今自分は一足さきに来てると思うことにより、自分だけではないと思えます。

私はとても人見知りで、一人目の子が小さいころ子育てサロンに行くには勇気や気力が必要で全くいかなかったです。

2人目の子が生まれて、上の子が家の中ばかりで退屈なので、勇気を出し地域の子育てサロンへ。

おなじような子育てママ、保育士さんと話せてとても気分が楽しくなりました。

子どもも沢山遊んで、疲れて家に帰ればぐっすり眠り、自分の時間を作りやすくなりました。

育児の合間、自分の仕事を作り、私は料理、懸賞。

趣味でなく仕事と思うことにより、何も考えず励むようになって、気がつくと孤独を感じる時間が少なくなりました。


この記事を書いたユーザー

fea このユーザーの他の記事を見る

SOHO

得意ジャンル
  • 美容、健康

権利侵害申告はこちら