節分といえば、豆まきと恵方巻ですね!

恵方巻といえば、毎年コンビニでも販売が多くなってきましたね!予約も始まっており、とても大きな太巻きです。節分といえば、豆まきですが豆まきをした後に食べていますか?それとも、豆まきをする前に食べますか?

豆まきの豆は歳の数だけ食べるといった風習もありますが、恵方巻の正しい作法を知っていますか?その作法に基づく理由や黙って黙々と食べなければならない由来について注目してみました。

その年の神様がいる恵方(方角)を向いて食べる!

その年の恵方をむいて食べることです。神様がいらっしゃる、恵方をむいて、食べている間はその方向だけを見ること。よそ見をしてはいけません。そうでないとご利益を得ることが出来ないそうです。

出典 http://r.gnavi.co.jp

まず、恵方というのは方角を表す言葉で、その年の干支によって定められた方角に神様がいらっしゃるのだそうです。

無言で一気に太巻きを食べないとご利益が得られない!

食べ終わるまで黙って食べないと、ご利益を得ることが出来ないそうです。丸ごと食べ終わるまで、静かに恵方巻きを全部食べましょう。

出典 http://r.gnavi.co.jp

黙って食べる理由は、食べている間は恵方にいる今年の干支の神様に願い事をしている最中であるため、願い事の最中に話す=願い事を断つといった具合に考えられているそうです。なので、願い事をかなえて頂くためには、集中して太巻きを食べなければならないと考えられているそうです。

食べるのを休んでもダメ!もぐもぐ食べ続けること!

一本をがぶっと一気にいただきましょう。途中で休んだりすると、やはりご利益がなくなってしまうんだそうです。

出典 http://r.gnavi.co.jp

もぐもぐ食べている最中でも噛み切ってしまうのは良しとされておらず、もぐもぐもぐもぐと、ずーーーーーっと噛み切らずに頂くのが正しい作法なのだそうです。噛み切ってしまうと、そこで「断つ」に繋がるため噛み切ることは良しとされていないそうです。なかなか大変ですね…。

恵方巻の具は7種類!由来は七福神だった!?

それほど具材にこだわりのない恵方巻きですが、強いて言えば、縁起の良い七福神にちなんで7種類の具材を入れると良い、とするというのが一般的

出典 http://azukarisiru.com

一般的には、とにかく7種類であればいいといった考えもあるようで「好きな具を7種類」入れて頂くといった事の方が多いようですね。シーチキンマヨネーズに、キュウリ、たまごに、みつば、甘く煮たかんぴょうに…となると、7種類も入れたら必然的に太巻きになってしまいそうですね。細く作って完食しようという作戦の場合は工夫が必要です。

恵方を知るには、アプリを使おう!

今年の恵方が○○です!といわれても、自分がいる場所からその方角がどこなのかわからないといったことはありませんか?そんな時は、恵方が分かるアプリが大活躍です!コンパスが自宅にないという方の方が多いと思いますので、お手持ちのスマートフォンが大活躍です!

ちなみに2016年の恵方は「南南東」だそうです!

この記事を書いたユーザー

ぽんたす このユーザーの他の記事を見る

山の麓に移住しスローライフを楽しみながら記事を書くWebライターです。
お役立ち情報など、色々な話題を発信中!

得意ジャンル
  • インテリア
  • マネー
  • 社会問題
  • 動物
  • ライフハック
  • 育児
  • 暮らし
  • 美容、健康
  • コラム
  • ニュース

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス