神の霊によって導かれている者は皆、
  神の子なのです。ロマ書8:14(1/10の週の聖句)

わたしは彼らの肉から石の心を除き、 
   肉の心を与える。
 彼らがわたしの掟に従って歩み、
   わたしの法を守り行うためである。エゼキエル書11:19~20

キリストと結ばれる人はだれでも、
  新しく創造された者なのです。
 古いものは過ぎ去り、
   新しいものが生じた。Ⅱコリント5:17

        (ローズンゲン日々の聖句1/10;日)

 私たち、人間は、「神のひとりのようになり、自分一人で善悪を判断、決定していこうとするもの」になってしまっています。
 天の神、主は、そのような私たちを、創造の最初の目的、、「われわれのかたちとして、われわれに似たもの」、に取り戻そうとしていてくださるのだそうです。

 天の神、主、御父と御子と聖である霊と呼ばれる方が、それぞれ、全能、全知、永遠不変の方でありながら、お互いを愛し、尊敬していて、自由意思で、自発的に、思いを一つにし、心を一つにし、行動を一つにし、存在を一つにしていらっしゃる方、一つになっていらっしゃる方なのだそうです。

 その一つの中に、自由意思で、自発的に加わるものがもっと欲しいと願われて、私たち、人間を造られたのだそうです。

 それで、「天の父」と呼ばれる方は、御子である方を、人間イエスとして人の世に派遣されたのだそうです。
そして、この方が私たち、すべての人間の背きの責任を背負ってくださって、反逆者として十字架刑での処刑を受けてくださったので、「天の父」と呼ばれる方は、私たち一人一人をイエスと一つになっているものとし、処刑済みとの手続きを完了してくださったのだそうです。

 そのうえで、もう一人の助け主、「聖である霊と呼ばれる方]を、受け入れる者一人一人に派遣してくださって、この方によって、私たちの、自分の考えで石のようなコチンコチンになっている心を、肉の心、柔らかな柔軟性のある心に変えてくださって、私たちが、「天の父」の御思いを受け取ることができるようにしてくださるのだそうです。

 受け入れる者は、新しい心、「天の父」と思いを一つにする心にしていただいて、「天の父」が、私たち一人一人に思ってくださっている、「御心が天で成っているように、地にも成る」、栄光ある人生を生きるようになるのだそうです。
この新しい週も。



[にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ] <ahref="http://www.blogmura.com/point/00697809.html" ><imgsrc="http://blogparts.blogmura.com/parts_image/user/pv00697809.gif"alt="PVアクセスランキング にほんブログ村"/></a>[269RANKのランキングサイト]"哲学・思想 ブログランキングへ"

この記事を書いたユーザー

佐知男 このユーザーの他の記事を見る

愛媛県久万高原町の産。仏教大学(社会福祉)、JTJ宣教神学校卒。キリスト教プロテスタントの教会員。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス