小さな親切

「実家にあるパソコンを自分の部屋に移したい」先日ボクは、友人の頼みで車を翔らせていました。出発地点は千葉の市川市。目的地は市ヶ谷駅付近のマンションの一室。ほぼ真っ直ぐ道なりなのだが、なかなかどうして、初めての道というものは不安になってしまうものだ。(ボクは重度の方向音痴に加え、地図も見れません)お昼出発だったのだが、なかなか目的地につかない。そうこうしていると、右手に大きな鳥居が顔を覗かせていた。かの靖国神社、らしい。まっっっったく知らなかった、「へぇー、でっけぇ鳥居?」見たまんまの感想を放ち、アホ丸出しのボクの横で、ケータイを見つつナビをしていた友人が口を開いた。「そういやこないだな、ここらの道を歩いてたんだ。予備校終わった後だからもうまっくらでさ。気付いたらだいぶ森みたいなトコにきちゃって。人も居ねぇし道もわかんねぇしで、マヂ焦ったよー」道間違って森行くなんてあなた…童謡じゃないんだから…ナビ頼んでよかったのかな…?などと考えつつ、相槌を打つボクを横目に、彼は話を続けた。「でな、怖かったから独り言洩らしてたみたいなんだよね、ここどこだよ?、って。したらさ、靖国神社って聞こえたんだ。横からさ。マヂびびったよ、イキナリだもん」何?霊的なサムシングかまされたの?と食い付く俺に、彼はかおの前で手を振り、苦笑いで答えた。「違う違う!親切な人が教えてくれたんだよ。実際人居たし。ビビって変な声出しちゃったし、恥ずかし次いでに聞いたの。でもあの人何やってたんだろうなぁ。」そこは木ばかりの、文字通り『林道』だったらしい。「暗くて顔も見えなかったけど、親切なひともいるんだな」そう言い、微笑む友人に心の中でツッコミつつ、車を進めた。カチッ道なりに進む俺の車に、聞き覚えのある音が鳴った。ウィンカーだ…右に出てる……何故…?ふと目をやると、門(というか入り口?)があるああ…なるほどな…。こいつ……気に入られちゃったんだ…。彼はウィンカーに気付いていなかった。ボクは、ウィンカーを戻した…彼が気付かないように。違和感を覚えなければ日常足る事象だ。彼の中では、この話は美談で終わるだろう。ボクは何も言わない。

スタンド使い

すまん、遅くなった。 俺は高校生で、電車通学。瀬戸内海に面したとある県に在住している。 俺自身は特に霊が見える訳ではないが近所に住むおばちゃんが結構な霊感の持ち主で、今からする話はそのおばちゃんに聞いた話を少しまとめたもの。文才がないのはご勘弁願いたい。 朝から土砂降りの雨だったので上りの電車はとても混んでいた。 雨の日や人が多い場所には霊的な存在が出没しやすい。若干嫌だなと思いつつ通勤電車に乗り込んだ。 案の定、電車は満員だ。座席は既に埋まっていて立たざるを余儀なくされた。 何駅か過ぎると更に人が多くなり、まさにすし詰め状態。 そんな中、たまたま綺麗な女の人が横に並んで立っていた。 そのまま電車に揺られていると、女の人の隣(つまりおばちゃんから見ると女の人のもう一つ隣)に立っていた中年のオッサンがその女の人のスカートに手を伸ばし、尻を触り始めた。 女の人は突然のことに声も出せず触られるがまま。 しかし、これまた突然、女の人のスカートに物凄い「悪意のようなもの」を感じた。(女の人のスカートがダサいと言っているのではない) そしてスカートから、青白く半透明な「赤ちゃんの形をとった悪意の塊」が『ぬるり』と出てきた。一つだけではない。三つも、四つも。そしてオッサンの手を掴んだ。 私(おばちゃん)はその場から一目散に走って逃げ去りたかったが、すし詰めでほぼ身動きが取れない。 そのまま成り行きを見ていると、四体の「赤ちゃん」はオッサンの手をはい上がって行き、オッサンの顔まで上がると青白い気体となり顔を覆った。 するとオッサンが突然苦しみ出した。どうやら呼吸困難に陥ったらしい。 車内は騒然となる。 オッサンは床に座り込み苦しみ続けている。ヒューヒューと息が漏れる。その間も気体はオッサンの顔を覆っている。 そうしていると、女の人が「もういいよ」と言った。 気体は霧散した。 結局オッサンは気絶していて、次の駅で担架で運ばれていった。女の人もその駅で降りた。 だが、あの「赤ちゃん」は何だったのか、どうしてあの女の人がそんなものを持っていたのかは解らず仕舞いになった。 以上がおばちゃんに聞いた話だ。痴漢を趣味にしている男性は、スカートを履いた綺麗な女の人に注意した方がいいかもしれない。

韓国にて

昨年、友達と一緒に韓国旅行に行った。 彼女は、死んだ人の霊が見える人らしく、 一緒に海水浴に行った時、真夏日なのに、 冬物コートを着ている顔面蒼白の人が波打ち際で突っ立っているを、 見たらしい。 ソウル市内で清渓川を眺めながら歩道を歩いていると、 彼女が「なんだろう」と向こうの方を指した。 見ると、中学生くらいの若者の集団が川の中で騒いでいるのが見えた。 少年は全裸で、少女は上半身裸になっている。 私は「YouTubeで見たことある」「日本では無理だよね」と言った。 すると彼女はガクガク震えながら言った。 「今、真冬の2月だよ……」

もうわたしを探さないで

あまり思い出したくないのですが、私が体験した話を書きます。先にお断りしておきますがこれは幽霊や心霊体験のお話ではないので御了承下さい。長文ですが、どうかお付き合い願います。4年前、ハタチの私(仮に洋子とします)が会社勤めしていた頃の話です。会社の外壁の修復作業をしに来ていた一人の男性(仮に小野とします)と私は知り合いました。その人は私よりも17歳も年上だったのですが、見た目が若く見えた為、最初は「27、8くらいかな?」と思っていました。小野と話すようになったきっかけは、私の先輩が小野の友人(その人も修復作業員)に一目惚れし仲良くなり、そこで小野が大層私を気に入っているらしいという話しになり、何回か飲みに誘われたのです。私は小野の事をタイプうんぬん以前に年上過ぎたので全く恋愛対象外だったのですが、先輩に「洋子が来ないからいつも小野が機嫌悪くて飲み会の場の空気が悪くなる。嫌かもしれないけど頼むから少しでもいいから来てくれ」と言われ断れなくなってしまい、(最初は色んな口実を作って断ってました)一回だけならいいかと思い飲み会に参加したのです。話してみると小野は優しく、周りの人達からも信頼されているようで気さくな男でした。最初は皆でたわいのない話で盛り上がっていたのですが、お酒が進むにつれて来るわ来るわ小野からの集中攻撃。「洋子ちゃんは彼氏いないの?」「洋子ちゃんはいつもどこで遊んでるの?」「洋子ちゃんお酒何が好き?」「洋子ちゃん今まで何人と付き合ったの?」洋子ちゃん洋子ちゃん洋子ちゃん洋子ちゃん洋子ちゃん洋子ちゃん…………私はいい加減うんざりで「…あー……はぁ…そうですねぇ…」とやる気無く答え、呑みに逃げてました。しばらくして先輩が酔い潰れて眠ってしまったので私はチャンス!と思い、先輩を介抱するといい飲み会を後にしました。その日は特に何も無かったのですが、次の日仕事が休みで家でくつろいでいると携帯にメールが届いたのです。

小野です。「昨日は〇〇ちゃん(先輩の名前)大丈夫だった?かなり飲んでたみたいだけど。」私は一瞬、訳が解りませんでした。だって、昨日私は小野とメアドを交換した覚えなどこれっぽちも無かったのです。いくら呑んでいたと言っても、私はかなりお酒に強い方なので絶対に忘れません。私が小野になぜメアドを知っているのかと問いただした所、小野はこう言いました。いやぁゴメンゴメン、昨日洋子ちゃんがトイレに行っている間に周りの皆が『今の内にメアドゲットしてしまえ!』って囃し立てちゃってさ?俺もその場のノリでやっちゃったんだ。そうです。小野は私がいない間に勝手に私の携帯から自分の携帯へメールし、なんと電話まで掛けているのです。なんでそんな事するんだと最初はなかばキレ気味に抗議しましたが、小野は何度も何度も謝り、「ただのメル友でいいから」と言うのです。余りにも何度も謝るのでただのメル友ならと思い、その時は許してしまいました。その後は心配していたほど頻繁にメールも来なく、安心していたのですがある日突然、仕事が終わったら話したい事があるので会いたいとメールが来たのです。(この頃はもう修復作業も終わっていたので小野と会うこともありませんでした)何だろうと思い会社を出た所で待っていると、小野がすぐにやって来ました。しかしその姿を見て私は愕然としました。なんと小野は真っ白いスーツに身を包み、結婚式で花嫁さんが持っているような小さなブーケを持っていたのです。私が呆気に取られていると、小野は手に持ったブーケを私に差し出し「結婚を前提に付き合って欲しい。」と言うのです。あの時の飲み会から一回も会ってまともに話しすらしてないのに、何を言っているんだこの男はと呆れていたのですが、流石に会社の前だし誰かに見られるのも嫌だったので丁重にお断りして私は小野をその場に残し走って帰りました。しかしその日の夜からです。小野の様子がおかしくなってきました。さっきはゴメン。急でびっくりしたんだよね?俺は全然怒ってないよ(^^)/メールちょうだい!洋子ちゃん、なんで返事くれないのかなぁ?俺さぁ、けっこう気ぃ短いんだけど(^_^;)さっきの返事くれないの?いつまで延ばすつもりなの?ゴメン、もうしつこくメール送りません。お願い!電話だけでも出て!!洋子ちゃんゴメン洋子ちゃんゴメンね。こんな内容のメールが朝まで何十通と届くのです

中にはいつの間に撮ったのか、飲み会の時に私を隠し撮りした写真まで添付してありました。私はもうなんだか怒りを通り越して怖くなって(本当は強く言ってやりたかったのですが、小野は私の会社を知っていたので下手に刺激して会社に来られたらまずいと思い、言えませんでした。)急いで小野のメアドと番号を受信、着信拒否し削除しました。そして小野から最後に届いたメールにはこう書かれていました。「洋子ちゃん、死にたいって思ったことある?」「俺、洋子ちゃんとなら死んでもいいなぁ」正直、ゾッとました。けれど小野の執念はそれだけでは終わらなかったのです。最後にメールが来てから半月ぐらい経ったある日、家でテレビを見ていた私の携帯に登録してないメアドからメールが届きました。「今〇〇町のコンビニにいるんだけど洋子ちゃん家ってこの辺だよね?今日仕事休みでしょ?どっか遊びに行こうよ!(^O^)/」小野からのメールでした。小野は私の家から数百メートルと離れていない所まで来ていたのです。一体どうして?どうやって調べたのでしょう。私は驚きと恐怖でしばらく固まってしまいました。とにかく携帯を握り絞めて急いでメアドも変え、家から一歩も出ずにこの家がどうか見つかりませんように!!と祈ってました。今思えば友達に来てもらうとか、親に電話するとか色々対策はあったんですが、情けない事にそんな事も恐怖でわからなくなっていたのです。幸い小野は私の家までは来なかったのですが、最後に最大の恐怖が私を待っていました。メアドも変えたおかげか、それから一切音信も無くなったので私はいつしか小野の事も忘れかけてました。たまに思い出しては先輩と、『本当にあいつ、ヤバすぎ。洋子も災難だったね。あんなやつだとは思わなかった。』と話のネタにするぐらいでした。(先輩は私と小野を引き合わせた事を本当に申し訳ないと言ってくれました。)そんなある日、先輩と一緒に休憩していた時の事です。先輩が携帯を見て急に曇った表情になったのです。「…どうしたんですか先輩?」「う?ん…今日朝からずっと知らない番号から無言電話掛かって来てるんだよね?。着信拒否にしてもまた別の番号で掛かってくるし…。何なんだろコレ。」「そうゆうの、ビシッと言った方が良いですよ?私代わりましょうか?」「うん、ゴメンね。」私は先輩の携帯の通話ボタンを押し、電話に出ました。案の定電話の相手はずっと無言です。私「もしもし?もしもし!」相手「………………………。」私は頭に来てその相手を怒鳴りつけました。「テメーさっきからしつけーんだよ!!名乗れやコラッ!!」「………やっと出てくれたね、洋子ちゃん。……………元気?」しわがれた、小野の声でした。思わず私は先輩の携帯を投げてしまい、身体の震えが止まらなくなりました。その後はもう先輩と二人で半泣きになりながらその日のうちに一緒に携帯を変え、先輩は小野の友人に、小野にもうこれ以上私に関わらないように説得してもらいました。それからというもの、小野からの音信はピタリと無くなり、私も怯えずにすんだのですが元からあまり男性と関わるのが好きではなかった私は更に輪を掛けて男性不信になり、ストレスで大量に髪の毛も抜けてしまいました。繋がりは携帯電話だけなのに、あんなにも人というのは誰かを追い込む事が出来るんです。本当に怖かったです。ここまで読んで下さった方々、ありがとうございました。

この記事を書いたユーザー

青空マン このユーザーの他の記事を見る

青空マンです。

得意ジャンル
  • インテリア
  • マネー
  • 動物
  • 海外旅行
  • 国内旅行
  • おでかけ
  • グルメ
  • 料理
  • テレビ
  • 恋愛
  • 美容、健康
  • ファッション
  • キャリア
  • おもしろ
  • ニュース
  • 話題
  • スポーツ
  • 社会問題
  • ライフハック
  • インターネット
  • 育児
  • 広告
  • ゲーム
  • 暮らし
  • エンタメ
  • カルチャー
  • コラム
  • 感動

権利侵害申告はこちら