Aさんの場合

今年30歳。
プロのバスケットボールチームの運営を手伝うボランティアをしながら、少年チームのコーチをしている。空いている時間でパートをして食いつなぐ。

「いつまでそうしているつもりだ?」と親から言われ、
友人からも「それでいいのか?」と言われるが、バスケットボールが好きなのだ
いつかバスケットに関わる仕事で食べていきたいという「夢」を、まだ諦めたくない。

ここで日和ったら終わりだぞと、心が叫んでいる。
今彼女がいないのは、もしかしたら良かったことなのかも知れない。

Bさんの場合

不惑の歳は遠に過ぎ、子供3人と住宅ローンがある。
仕事や生活のストレスでうつ病」になって、結局職を失った。
数ケ月の休養を経て体調はどうやら回復したが、働こうにも就職先がなかった

家内のパートに生計を頼りながら、少しでも足しになればと始めた日雇い派遣がもう1年近くになった。倉庫の検品、発送の仕分けや梱包の仕事をしていれば、その間だけは何も考えなくて良かったが、いくらここで頑張ったところで事態は何ら解決しない。明日仕事が必ずあるとは限らなかった

すっかり付き合いの長くなった同僚から「あなたならきっと正社員になれる。頑張れ」と掛けられた言葉に心が震えた。
涙が止まらなくて困った。

Cさんの場合

定年になったが再雇用制度のおかげで会社に席を残すことが出来た。

やれやれだ。

責任のある仕事は全部降りた。社内には白い目もあるようだが、気にしてなどいられない。年金が降りるまでまだ5年もある。その間は目立たぬようにしていよう。うまくやれば規定より契約期間を延長してもらえるかも知れない。

じっと席に座っていると、この歳だというのに時間の経つのがやけに緩い。腰も少々張ったりするがこれでいい。背に腹は代えられないからな。
さて、もうすぐ定時だ。帰り支度でもしようか。

「仕事」とは何なのでしょう?その答えが「これです」とばかりにあるとは思っていませんが、一生のうちのとても長い時間を「仕事」と呼ばれる何かに費やすことが間違いないのであるならば、せめて自分なりに「納得」のいくことをしていたいものです。

あまりいい仕事をしているようには感じられない先のAさん,Bさん,Cさんの3つのケースですが、この「納得」という視点でこの3人のケースを見てみると、実はかなり得点の高い位置にいるのではないかと思うのですが如何でしょうか?

Aさんは好きなバスケットに関わる為に、生業としての「仕事」にはこだわっていませんし、Cさんは年金が出るまでの5年間を過ごす場所として「仕事」を捉え、とても満足しているように見えます。

Bさんもまた生活に追われながらも、それでも日雇い派遣の道に生きる糧を見出しているように見えるのは私の見方は偏りすぎているでしょうか?でも、少なくともBさんは、この仕事で「うつ病」になることはないと思います。

勿論やりたい仕事をしている人もいるのでしょうが、世の中の多くの人は必ずしもそうはうまくいかないでしょう。

「食っていくための仕事」とか「生きていくための仕事」というカテゴリーがあって、その中で色々な折り合いをつけながら必死で生きている人たちが、私たちの周りにも沢山います。

でもきっと、こんな風に必死に折り合いをつけて「納得」を作りながら毎日を一生懸命に生きている姿というもののは、そんな「仕事」も、そんな「生き方」も、とても渋く輝いて見えないでしょうか。

ほんの一握りの人のギンギラギンに輝いた「仕事」よりも、私にはそんな渋い光にこそ、ホンモノの人生を感じます。

「仕事」というのは、そういうことなんじゃないかと思う、年の初めでした。

この記事を書いたユーザー

花咲 未来 このユーザーの他の記事を見る

心にいつも熱い想いが詰まっている「夢多きアラフィフ」です。子育ても給料を運ぶ以外はほぼお役ご免になりましたので、これからの自分はどう生きるかを模索しながら、第二の青春を生きています。『アオハルはいつも間違える』ので、記事には誤字脱字のなりように気をつけます(^^;;

権利侵害申告はこちら