バレンタインの季節になると毎年思い出すことがあります

100_5830
by misawakatsutoshi

毎年バレンタインの季節になると、筆者はある出来事を思い出します。

それは、筆者が育った大田区大森での小学校時代、中学校と高校は私立の男子校に進んだので、大学に入るまでの最後の共学となった小学校6年生…

状況をドラえもんの世界に例えると…

Licensed by gettyimages ®

見るからにジャイアンな、力持ちでリーダーシップを発揮する柏井君(仮)、リーダーに忠誠心のあるスネ夫的な存在の田木君(仮)、クラスでしずかちゃん的なマドンナ的な存在の金山さん(仮)、運動もスポーツも万能な出木杉君タイプの内中君(仮)、そして、のび太的なポジションだったと言わざるを得ない筆者。

そういう設定の中で起こった筆者にとっての悲しく残念なバレンタインデーのお話です。

もう一度整理しておきます。

★ジャイアンタイプ……柏井君(仮)
★スネ夫タイプ…………田木君(仮)
★しずかちゃんタイプ…金山さん(仮)
★出木杉君タイプ………内中君(仮)
★のび太タイプ…………筆者(奥村裕二)

以上のようなキャストが登場致します。最後まで宜しくどうぞお付き合いください。

それは、1984年2月14日のことだった…

出典 http://www.amazon.co.jp

いつも通り小学校へ行き、授業を受けて放課後なった時、リーダー格の柏井君は、田木君と筆者に声を掛けました。

「おい、田木、奥村(筆者)!今日は金山さんの家にチョコを取りに行くから一緒に来い!」

確実にチョコが貰えると分かっている柏井君ならではの有難いお誘いです(笑)

筆者は、田木君くらいは貰えるのではないかと思っていましたが、まさか貰える当落線上のギリギリと自分で感じていた筆者は、一緒についていくことが金山さんの負担になるのではないかと嫌な予感がしていました…

田木君は、即答で「OK!奥村も来るよな?」と…

出典 http://www.amazon.co.jp

筆者は、柏井君の誘いで、田木君も行くならばと、若干気が引けましたが、ついていくことにしました。

放課後、広場で待ち合わせのあと、金山さんの家に向かいました…

金山さんの家は、アパートを経営されています

Licensed by gettyimages ®

1階は法務局が近かったので、たぶん行政書士の事務所、そして金山さんの家。主に2階以上は賃貸にしていたようです。

小さな門があり、車1台分くらいの庭があります。そこに玄関があり、金山さんを呼びます。

「金山さ~ん!」

柏井君の力強い声が響きます。後ろに田木君、そして筆者がいます。

そして、金山さんのお母さんが玄関に現れました。面識は全員ありますので笑顔で迎えてくれました。

「おばさ~ん!俺たち今日はチョコを貰いに来たんだよ!」と柏井君。流石に凄い自信です。格好いいです。

「ちょっと待っててね!」と金山さんのお母さん

Licensed by gettyimages ®

金山さんが、筆者を見て悩ましい顔をしながら一度引き返すが気になりました。

その後、玄関先で柏井君、田木君、筆者は、しばらく待たされました。

金山さんが、何かの調整をしている時間のように感じました。

どうやら家の奥から金山さんが出てきました

Licensed by gettyimages ®

金山さん:「はい、柏井君、これどうぞ!」

柏井君:「わ~い!金山さん、ありがとう~~!!うひょ~~!!」

金山さん:「はい、田木君、これどうぞ!」

田木君:「ありがとうね!!」

次は筆者の番だと誰もが思ったその時…

実は…奥村君…

Licensed by gettyimages ®

柏井君も、田木君も見ているし、変な話になりたくないなぁ…と思いながら…

「はいこれ!」

Licensed by gettyimages ®

あれ?同じものが筆者にも出るんだなぁ…と、有難く受け取ろうとすると…

柏井君の分には、予め「柏井君」と書いてあり、田木君の分にも、予め「田木君」と書いてあります。筆者のには…

「奥村君」とは書いてありません。

ついていかなければよかった…

Licensed by gettyimages ®

そのチョコの箱には、出木杉君格の「内中君」の名前が書いてあり、それがマジックで「×」してあり、その横に小さく「奥村君」と今その場で書いたかのような感じで書かれていました。

金山さんは、柏井君と田木君と内中君にチョコを渡そうと考えていたようで、まさか筆者が来るなんて想像もしていなかったのでしょう…

筆者、非常に恥ずかしい思いをしたし、金山さんにも負担を掛けてしまったし、がっくり肩を落としながら夕陽の沈むころ家路につきました。

あれから30年以上の時が経ち…

Licensed by gettyimages ®

柏井君は家業を継ぎ大活躍。

田木君も

Licensed by gettyimages ®

家業を継いで活躍中!

金山さんは

Licensed by gettyimages ®

素敵なお嫁さんになって、幸せな暮らしをしていると聞いています。

そして、のび太役の筆者も…

出典弊店専属カメラマン「サワ」宇治撮影

どうにか自営業になり、日々筆者なりに頑張っています。

内中君は高校くらいから情報が途絶えてしまったのでわかりませんが、かなりの進学校に進まれたと聞いていますので、立派な大人になっていると思います。

そんな思い出話です…

出典 http://www.amazon.co.jp

毎年、正月ムードが終わり、バレンタインデーに向かっていく中で思い出すことです。

個人的な話で恐縮です。最後までお読み頂き有り難う御座います。

この記事を書いたユーザー

奥村裕二 このユーザーの他の記事を見る

東京都大田区大森生まれ。立正大学附属立正高等学校、尚美学園短期大学音楽ビジネス学科、放送大学教養学部生活福祉専攻卒業。STAY UP LATEオーナー。 ライター業と、セミナー講師、司会業も実質少々。江戸川区在住、一児の父。愛猫家。

得意ジャンル
  • マネー
  • 動物
  • 国内旅行
  • おでかけ
  • グルメ
  • 恋愛
  • 美容、健康
  • キャリア
  • おもしろ
  • 音楽
  • 社会問題
  • 育児
  • コラム

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス