冬に食べたい和スイーツ「白玉ぜんざい」

温かくて甘~いあんこにモチモチの白玉を浮かべた「白玉ぜんざい」。
寒い冬にコタツ中で食べるとほっこり幸せですよね。

ただ、手作りするとなるとちょっと手間。食べきれないほどの分量を作ってしまうこともあります。

そんな中「マツコの知らない世界」で紹介された白玉ぜんざいの作り方が「簡単で美味しすぎる」と話題になり真似する人が続出しています。

美味しそうなぜんざい。ん?ずいぶん大きな白玉ですね。

白玉の正体はなんと「雪見だいふく」

さらに、ぜんざいは「あずきバー」で!

なんと「雪見だいふく」と「あずきバー」、2つのアイスを使って「白玉ぜんざい」が作れるのです。

雪見だいふく+あずきバー=白玉ぜんざい

あずきバー2本を耐熱容器に入れ、電子レンジで2分30秒ほど加熱します。
あずきバーが溶けてアツアツになったら雪見だいふくを浮かべて完成です。

よく考えたらアイスが3つも入っている…気になるカロリーは?

出典 http://www.imuraya.co.jp

あずきバーのカロリーは1本あたり98kcal。
ミニサイズの雪見だいふく一個のカロリーは58kcal。
あずきバー2本と雪見だいふく1個でぜんざいを作った時のカロリーを単純計算すると254kcalになります。

カロリーが気になる場合はあずきバーを1本に減らしても◎

あずきバーは1本でも充分な量のぜんざいができます。
加熱時間は1分~様子をみましょう。

まだまだある雪見だいふくのアレンジ法♡

黒蜜+きなこで「華もち風」

作る過程も楽しい「パフェ」

ビジュアルは「?」だけどヤミツキ注意な「トースト」

焼きリンゴに添えてアツアツとろりが最高。

そのまま食べても美味しい雪見だいふく。
みなさんいろいろなアレンジを楽しんでいるようですね。
新商品や期間限定のフレーバーも続々発売されているので、飽きるどころか毎日楽しめてしまいます。

ぜひ自分好みのアレンジ方法を見つけてみてくださいね!

この記事を書いたユーザー

さかいまりも このユーザーの他の記事を見る

プラチナライターになりました。
歳をとっても「おんなのこ」らしくありたいと願うズボラ主婦。
プチプラ、可愛いもの、チョコレート好き。
札幌、新潟、東京、埼玉を行き来しています。

得意ジャンル
  • インテリア
  • マネー
  • 動物
  • グルメ
  • 料理
  • テレビ
  • 美容、健康
  • おもしろ
  • ニュース
  • 話題
  • 社会問題
  • インターネット
  • ライフハック
  • 育児
  • 暮らし

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス