スターバックスが好きだけど、カロリーが気になる。

Licensed by gettyimages ®

このような方が、多いのではないでしょうか。今日は、スターバックスでカロリーオフをする、ちょっとしたコツをご紹介します。

意外とココアもカロリーが高いのです。

ドリンクによっては、1食分に匹敵するカロリー。

それでも、スタバのドリンクの美味しさを考えると、「スタバに行かない!」というのはちょっと難しいですよね。それでは、どのようなことを心がけると良いでしょうか。

その1:ミルクの種類を変更する。

Licensed by gettyimages ®

スターバックスのミルクには
1、ミルク
2、低脂肪乳
3、無脂肪乳
4、豆乳
この4種類があります。

ミルクを低脂肪や無脂肪に変える 
頼み方:ノンファット・ロウファット
スタバのミルクは“普通乳”“低脂肪乳”“無脂肪乳”の3種類があり、種類を変更するだけでカロリーカットができます。ホットのスターバックスラテでは、最大カロリー40%OFFできます。

出典 http://www.ishamachi.com

低脂肪や無脂肪乳への変更は無料で行うことができます。少しあっさりとしたお味が好きな方にはオススメです。

ミルクを豆乳に変更する 
頼み方:ソイ
大豆にはエネルギーを燃やすときに必要な栄養素「ビタミンB1」が多く含まれています。その他にも老化防止効果のある「ビタミンE」や女性ホルモンと同じ働きをする「大豆イソフラボン」が含まれています。

出典 http://www.ishamachi.com

カロリーは通常のミルクと変わらないものの、栄養バランスの改善のためにソイをオーダーするのは良いかもしれません。ソイへの変更はプラス50円(税抜き)かかります。

その2:ホイップ&ソースの量を調節。

ホイップやソースの量を少し減らすだけでも、カロリーダウンを期待することができます。

ホイップを減らす 
頼み方:ノンホイップ
フラペチーノなどの上にのっているホイップクリーム。これだけで84kcalもあります「ノンホイップ」と言えば、ホイップなしのドリンクを作ってもらえるのでぜひ。

出典 http://www.ishamachi.com

84kcalといえば卵1個分くらいのカロリー。侮れませんね。

その3:ドリンクのサイズを変える。

Licensed by gettyimages ®

根本的な解決方法になりますが、ドリンクのサイズを1つ小さくするだけでも、かなりのカロリーダウンをすることができます。カスタムでのカロリーダウンが苦手な方は、この方法が良いでしょう。

カロリーが高いメニューを選択したり、カスタマイズしてカロリーが高くなってしまう場合には、小さめサイズを選べば、カロリーを抑えることができるでしょう。高カロリーメニュー1位となった、「ホワイトモカ(ホット)」も、TallでなくShortにすれば、359kcal→244kcalへと115kcalも抑えられます。

出典 http://slism.jp

お気に入りドリンクを少しでもいいから飲みたいという方は、サイズダウンを試してみてはいかがでしょうか。お財布にも少し優しいですね。

その4:シロップの量を減らすか、種類を変更する。

出典 http://www.amazon.co.jp

スターバックスのシロップには沢山の種類があります。もっともカロリーの高い、ホワイトチョコレートシロップは1ポンプ41kcal。カロリーの少ないシロップは、キャラメルシロップと、バニラシロップ。それぞれ1ポンプ19kcal。シロップの種類を変更すると、カロリーを半分にすることが出来ます。

味の変更が苦手な方はシロップ少なめ。少し風味が変わっても甘さが欲しい方はシロップ変更をしてみてはいかがでしょうか。

スターバックスで、ほっとするひと時を。

Licensed by gettyimages ®

お気に入りのドリンクを飲むと、リラックスできますよね。ぜひ、上手にカロリーオフをしながらスターバックスでの時間、ドリンクを楽しんでみてはいかがでしょうか。

この記事を書いたユーザー

山本明日香 このユーザーの他の記事を見る

講談社:VoCE読者ブロガー「VOCEST」3期生。スワロフスキーアーティスト。ヨガ、ストレッチを中心としたボディメイク、ヨーロッパのファッション・ライフスタイルなどを発信するのが得意!ダイエット検定1級取得。Webライティング能力検定1級合格 ◆美容ブログ:http://ameblo.jp/asukaproduce/

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス