ワーキングマザーの家事

家事、育児に仕事をこなすといったことは大変ですが、時に弱音を吐きたくなります。


私は子供が3か月のときから正社員に復帰していて、実践してることを参考してもらいたいです。

時間に終われ完璧を目指すどころの騒ぎでないかもしれませんが、どこの家と比べてますか?

同じワーキングマザーでも自分が力を入れてるところが違うだけだったりします。

どんなに忙しくてもしっかり手作りの夕食を出す。

朝は戦場ですが、絶対掃除機をかける。

寝る前朝すがすがしく起きられるよう片付け。

どんなもくひょうでもよく、その代わりそれ以外の面でうまく手を抜いて塗りしないこと。

ワーキングマザーといいうのはだれでもできることでなく、それを自分が頑張ってる、それだけで褒められるべきこと。

主人はいたわってくれてますか?

子は感謝してくれますか?

自分で自分をほめてください。夜コーヒーを飲んでお疲れさまと自分をねぎらってみましょう。

明日も頑張れる自分の体を大事にすること。

当然早起きして規則正しい食生活は重要。

忙しく自分のことを全く構ってないというのは悲しいです。どんな忙しくても、自分の時間を持ってください。

休みの日普段たまった掃除、洗濯で終わってないでしょうか?

たまっていた家事するのもいいですが、一息つくとき一寸おいしいコーヒーを飲んだり、ちょっとおしゃれな美容院に行ってみれば、気分が変わります。

また明日も頑張ろうといった気分にさせるのを持っているでしょうか?

みたいドラマを見たり、ゆっくりパソコンの前に座ったり何でもいいです。

自分がしたいことをする時間があるでしょうか?

メリハリが大事。

仕事、家事、子育てで重要なのは、子育てに勝ることはないです。

それだけを念頭に入れ、自分が仕事してる間、保育園、学校に気頑張ってる子供にも感謝できるでしょう。休日一緒に遊びましょう。

母親学級へ参加するには

母親学級、両親学級は始めて赤ちゃんを授かった方向け講座のこと。


具体的にどういうことを教えてくれるのかは、その主催者により異なり、主に出産についての具体的レクチャー、子供が生まれてからの具体的子育て法を教えてくれるもの。

自治体、個人でも今はこの口座種類も豊富で、出産・子育ての不安をぬぐうといったことが、この開催目的。

母親学級は、母親向け講座で、各市区町村、都道府県主催講座も今は充実しており、住まいのエリアの母親学級の情報をまず調べることがいいでしょう。

主に出産についてのなやみ、過度な不安、恐怖感をとることが目的。

そして具体的にどういうものを購入して、準備したほうがいいのかなど教えてもらえたり、妊娠中の栄養補給法。離乳食指導がある講座も。


さらに実践で、沐浴の練習、おむつ替えの練習もしたりして、初めての出産の方には便利。

特に市区町村主催の母親学級は、近所に同級生の子を出産する友人作りにもつながり、出産後心強いネットワークとなります。

ほとんどのときが無料での参加ですが、参加費用について合わせて確認を。

参加できる時期・日程が決められてることが多く、なるべく早い段階で調べておきましょう。

その他の母親学級ですが、他には個人で主催される母親学級みたいな口座も豊富で、助産師、バースコーディネーターと呼ばれている出産知識に関しての専門職の方の主催が主。

費用はかかりますが、その分愛用はとても充実していて、知識を詰め込む以外に、メンタル面のケアも細かくしてくれる講座もあります。

バーセンス研究所(http://www.birth-sense.com/index.html

両親学級は、2人で参加する講座で、男性に父親になる心構え、出産サポートの講義をしてくれます。

男性に想像つかない出産映像を見られたり、新生児サイズの人形を実際抱っこしたり。

さらに最近妊婦体験できるジャケットがあって、妊娠後期の負担を実際に体験できます。

お腹が重くなる経験はこの先ありません。

これも自治体主催でしてる地域が多くあり、調べてください。

東京都看護協会:両親学級(http://www.tna.or.jp/index.php/for_tokyoites/support/parents_class/

本当に気軽に参加でき、出産・子育てはだれでも初めは未知のもの。

余計な不安をとって、楽しくわが子を迎えたいものです。

この記事を書いたユーザー

fea このユーザーの他の記事を見る

SOHO

得意ジャンル
  • 美容、健康

権利侵害申告はこちら