家族向け部屋探しには

最近の賃貸物件は、一人暮らし以外に、ファミリーからの需要も増えてます。

東京では賃貸暮らしの家族が全体の4割を占めてます。

1階なら子供が窓、ベランダから転落する事故の可能性を抑えられます。

どれだけ子供が走っても階下に迷惑かからないかも大事。

近所の公園のある物件を求める親も多いですが、その中で見通し飯公園を選ぶのが大事。逆に樹木が多い公園は見通し悪くて、変質者が出やすいですから、避けてください。

広いキッチンなら、子供に手伝ってもらって一緒に料理することができます。そしてリビングがひろければ、子供が小学校に上がってもリビングで宿題してもらうなど、ふれあいの時間をもてるでしょう。

キッチン、リビングが一体化してる対面式オープンキッチンは便利。料理しながらこの様子見したり、声をかけたりできます。

子供部屋に鍵があれば、成長後鍵をかけ閉じこもってしまいがちですが、前もって子供部屋に鍵がない物件を選んで。

子が大きくなるにつれ、洋服類、おもちゃ、勉強道具など、いろいろ荷物が増えます。あらかじめスペースを余分に確保して、収納がちょっと広いぐらいがベスト。

今後子が増えて、性別が違ってきたら、別々の部屋を用意したりしますが、狭くても前もって最低2つは持っておきましょう。

子育てに向く左京区岡崎のよさ

京都に引っ越すことになって、お子様がいる家庭は、どこに住むか悩んでしまいます。

そこで私が住むポイントを紹介。

3人目妊娠中で、より良い環境を求め左京区岡崎に引っ越しました。
移り住み4年目。家族も増え、乳児・幼児・小学生をまとめて育てるのにとても過ごしやすくて、子供も大人も楽しめるスポットが徒歩圏内にたくさんあります。

京都市美術館、国立近代美術館が徒歩圏内にあって、近代美術館は、体験型展覧会、イベントが行われることもあり、小学生は無料で楽しめます。

細見美術館もあって、芸術鑑賞が好きな方にはおすすめ。

本好きにはたまらない府立図書館が近所に。雑誌や新聞が豊富で、ここにないものでも、取り寄せしかりられます。

広くレトロな館内は、本好きな方の入りびたりのスポットになり、館内に流れる静かで知的雰囲気に浸るだけで、訪れる価値があるでしょう。ですが、子供向けの本はあまりないです。

京都市で唯一日本で2番目に古い動物園、京都市動物園は、リニューアルで、動物をまじかに観察できます。

2400円の年間パスで子連れもそうでない方も、心置きなく入り浸れます。

桜スポットとしても隠れた名所に。

町を横切る疎水沿岸は、有名花見スポットで、鴨もカワセミも済んでいる自然あぶれた場所。

ブラックバス、恋も泳ぎ、釣りび地もよくみます。

鴨川も疎水に沿っていくとたどり着けます。

紅葉で有名な南禅寺も近くで、ガッツのある方は、大文字山も交通機関なしで登れます。

疎水から鴨川に出て下ると、あっという間に三条京阪。商用スポットもちょっと散歩でも自転車でもいけます。

ユニクロ、ロフトが入ってる商用ビル「ミーナ京都」も近いです。

もちろんスーパー、コンビニも充実し、生活するのに便利。

京都市勧業館「みやこめっせ」では、週末何かイベントしていて、子供参加型のものもあり、お金をかけないで楽しめます。

この記事を書いたユーザー

fea このユーザーの他の記事を見る

SOHO

得意ジャンル
  • 美容、健康

権利侵害申告はこちら