1980年代以降水筒の技術は向上し、
ステンレス製の物や魔法瓶など、特殊な構造で飲み物を温かく、また冷たく保つ物も増えてきました。

2000年以降、環境保護や節約を目的としマイ水筒を持参して仕事へ行く人も増えています。
そんな水筒の超進化形がここに!

実は気づかないうちに体の水分不足を起こしている人がほとんど。
美容や健康のためにも、適度に休憩を取り水を飲むことはとても重要だと言われています。
この進化した水筒”Moikit Seed"は今までの水筒の常識をまさに覆す画期的な発明なのです。

Moikit seedには多くの機能が備わっています。
冷水は24時間、お湯は12時間保温可能。
また、それぞれの水の温度は蓋に搭載されたタッチパネルで確認できます。

お湯が高温の場合、蓋を開ける前に警告を示すアラームが内蔵されています。

水温調整機能のほかに、水質管理機能も備わったこの商品。
中に入った水が長時間経過していたり、飲むにあたって適切でない場合もこのタッチパネルで知らされます。

素材のステンレススチールは日本製。
そして一番の特性は、体内の水分レベルを計算し、
水分補給を行った方が良い時間にアラームで知らせてくれるのです。

出典 YouTube

値段は
Seed Bottle (500ml)が$54(約6,500円)+ 送料
Seed Bottle (420ml)が$49(約5,900円)+送料
Seed Bottle (350ml)が$44(約5,300円)+送料

Seed Bottle2本セット(色、サイズ組み合わせ自由)が$99(約12,000円)+ 送料
Seed Bottle5本セット(家族向け・色、サイズ組み合わせ自由)
は$240(約28,000円)+ 送料
Seed Bottle 500ml10本セットは$465(約56,000円)+ 送料

企業向け・Seed Bottle100本セットは$4,500(約54万円)+ 送料。

と、若干高めですが、日本にも発送可能なこのMoikit seed。
水分不足の現代人にとって最も画期的な水筒と言えるのではないでしょうか。

この記事を書いたユーザー

sayacafe このユーザーの他の記事を見る

プラチナ公式ライターsayacafeです。
アメリカを拠点にファッショントレンド、サイエンス、ライフハックやレシピ。
海外ならではの面白いニュースや、日本では話題に上らないようなローカル情報をピックアップして配信しています。

得意ジャンル
  • 社会問題
  • 動物
  • ライフハック
  • 美容、健康
  • 感動
  • コラム
  • おもしろ

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス