仏パンにハムを練り込んだという物件。やや長めの筐体だという点以外は、ごくありふれた仕様ですが、まあ好みなので買ってみました。


外装全景

ハムとフランス、ハムとフランスという記載が多いパッケージ。商品名だけで皆分かってくれると思うんですけどね…。


栄養成分等

熱量216kcal、ナトリウム630mg(食塩相当量1.60g)、脂質5.5g。かなりの塩気だという他は割と低めの値ですな。


ブツ(表裏・長さ)

棍棒のように細長い。これで殴られたら痛そうです。


ブツ(端・内部)

切ってみますと、ハムは割と万遍なく入ってます。これ1枚の長いハムなんですかね。内側にはマスタードが塗布されているようです。


食べてみました

いただきましたところ…、ええ、もう見た目通りのお味・食感ですよ。特に変哲もないが、それが故の安心感は抜群です。パン生地はかなり硬めで粘りも結構あります。個人的には実に好ましいタイプですが、歯が丈夫でない人には厳しいレベルかもしれません。

具のハムはまさしく普通のハムでして、特に語る点はなし。一方、調味料のマスタードが割と存在感ありまして、別に辛くはないんですが、仄かな酸味とピリッとした感じが効果的な味付けになってますね。憎いアレンジってとこ。ハムとパンという鉄板組み合わせで実直に作られたという感じの、かなり美味しい一品でした。



この記事を書いたユーザー

ふじつぼだんき このユーザーの他の記事を見る

パン、お菓子、B級中心の映画、音楽等々についてグダグダ語ります。バンドではドラム。ブログは http://blog.livedoor.jp/fujitsubodanki/

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス