第一次世界大戦の開戦から、今年は100年にあたります。史上初の世界大戦なのに、日本人の関心はあまり高いとはいえず、日露戦争や太平洋戦争のように声高に論じられることはありません。

「忘れ得ぬ戦争」である第二次大戦に対して、第一次大戦は「忘れられた戦争」ともいわれます。

他方、こう述べる歴史家もいます。第一次大戦が現代に至る国際社会の枠組みをつくった、大戦中の1917年から新しい「世界史」が始まった、と。

いずれにせよこの大戦の後、日本も「世界史」の主要アクターとして躍り出ることになります。

中学の歴史教科書は、開戦の経緯を次のように説明しています。
「1914(大正3)年、オーストリアの皇太子夫妻が、サラエボでセルビア人の青年に暗殺されました。オーストリアはセルビアに宣戦布告し、まもなく各国も参戦して、ドイツ、オーストリア、トルコを中心とする同盟国側と、イギリス、フランス、ロシアを中心とする連合国側に分かれて、第一次世界大戦が始まりました。」(東京書籍「新しい社会・歴史」)

この記事を書いたユーザー

こま このユーザーの他の記事を見る

恒例の爺です。脳トレのためです。

得意ジャンル
  • カルチャー
  • 感動

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス