『ヒョウタン文化誌』。著者は民族植物学の湯浅浩史さん。ヒョウタンが汎用性の高い植物である事を豊富な民族事例を引用して綴られています。縄文時代の考古資料も触れられているので縄文クラスタも必読かもしれません

この記事を書いたユーザー

こま このユーザーの他の記事を見る

恒例の爺です。脳トレのためです。

得意ジャンル
  • カルチャー
  • 感動

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス