女性にとってランジェリーは、その日の気分や、一日のプラン、着ていくお洋服に合わせて選ぶことができ、履くだけじゃない楽しさがあるものです。その楽しみ方は上下のマッチングや違う者同士の組み合わせなど、実に様々です。ファッション業界に海外ブームが到来して数年が経ちますが、海外セレブの間ではショーツにこそこだわりがあるのだとか。しかし、どんな種類があるのかわからない、いろいろと試すようなきっかけがない、という理由から、適当にショーツを選んでいませんか?そこで今回は、ショーツの種類とそれぞれの種類に合うファッションスタイルを紹介します。ショーツを駆使して、ご自身ならではのこだわりを見つけてみましょう。

あなたのお気に入りはどれ?

 定番はフルバック。おなか回りからお尻までの全体をカバーしてくれるタイプで、安定感が抜群です。日本では一番多く取り扱われているお馴染みのショーツです。カラーやデザインが豊富なので、気分によって合わせてみるのがおすすめの楽しみ方です。ここで意識したいのが、その日のお洋服との兼ね合いです。ショーツの色やデザインはっきりしたものは透けやすくなるので、薄い色のお洋服の時は細かい気配りを忘れずに。

 皆さんの中にはスタンダードタイプがお好きな方も多いのではないでしょうか。フルバックのように安定感があるショーツですが、より足ぐりが広いカットとなっていて、歩きやすさや履いた時に足が長く見えるルックスがポイントです。今流行りのウォーキングや、スポーツの際は最適でしょう。

 ローライズタイプは、フルバックタイプの包容感のまま、浅履きにしたものです。別名、ヒップハンガーとも呼ばれています。股上が浅めのデニムジーンズなどの時、しゃがんだりかがんだりしても安心ですね。

 見た目にもかわいいのがバックレースです。ショーツの後ろ側が総レースとなっていて、比較的ショーツのラインがお洋服にひびきにくくなっています。面積が異なっていたり、レースのデザインが様々あるのが特徴で、ここでもおしゃれを楽しめますが、スキニーパンツのようなお洋服のときは、薄いレース生地を使ったタイプがおすすめです。

 海外では定番のTバックは、後姿がT字になっているタイプのショーツで、「タンガ」「ストリング」とも呼ばれています。最初は抵抗もある方も多いと思いますが、慣れてしまえば上記のようなバックの面積の広いものには戻れなくなるほど、履き心地にも定評があります。ピタッとしたお洋服やドレスなどにはぴったりです。

 Gストリング。Tバックの中にも様々な種類があり、そのうちの一つで、ショーツのバックとサイドが紐になっているタイプです。セクシーな見た目で少し勇気がいるかもしれませんが、大人っぽいデザインが多く、ちょっとした気分転換になったりします。ご友人や恋人へのプレゼントなどにもおすすめです。

 最近モデルなどの間でも人気急上昇なのが、ボーイズレッグです。メンズのボクサーパンツのような形で、フィット感があるのがポイントです。デザインもポップでカジュアルなものが多く、それだけでも楽しめます。スポーツをする際やスカートを履く際などにはおすすめです。

 生理中のマストアイテムのサニタリーショーツ。サニタリーとひとくくりに言っても。2枚構造になっていたり、汚れが落ちやすい生地を使っているものも多く、形だけでも夜用や昼用、ローライズ、ボクサーなどその種類は様々あります。デリケートな時期だからこそ、ご自身が一番履きやすいタイプを見つけ、気分転換してみてはいかがでしょうか。

 コントロールボトムは、スタイルアップの強い味方ですが、しっかりしすぎていても抵抗がある、という方には、サポート機能付きのショーツがおすすめです。フルバックなどの形でありながら、ウエスト回りやヒップをスリムアップしてサポートしてくれます。タイトなスカートや、ハイウエストなスキニーパンツにはマストアイテムです。

 これまで紹介してきたショーツは代表的なものばかりで、ほかにもたくさんの種類がありますが、お手持ちのショーツでも普段のおしゃれをより楽しむことができるのです。ぜひ毎日のコーディネートに、ショーツとの組み合わせも入れてみては?

*下着のオンラインフィッテイングならFITTY(フィッティ)*

この記事を書いたユーザー

たなゆみ このユーザーの他の記事を見る
得意ジャンル
  • スポーツ
  • インターネット
  • 美容、健康
  • ファッション

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス