まずは、入り方から

神社に入るときは、一の鳥居(一番外側の鳥居)から入ります。
入るときは一礼してから入りましょう。

参道の真ん中は神様の通り道

参道の真ん中は神様の通り道です。初詣の際は混雑していて無理かもしれませんが、できるときは道の真ん中を避けて通りましょう。

手水(ちょうず)の使い方

神様にお話しする前に、手や口を清める場所です。

1、右手で柄杓をもって水を汲み、左手にかける
2、左手に持ち替えて、右手にかける
3、右手に持ち替えて、左手の手のひらに水をため、口に含んで口を清める
4、柄杓をたてにもち、手が触れていた場所に水をかけるようにして清める
5、柄杓をもとのように戻す

途中、水が足りなくなるようなら汲みなおします。私は、だいたい2と3の間に汲みなおしています。

柄杓を直接口につけて、ごくごくなんてもってのほかです。

ちょっと慣れない所作ですね。次に使う人のことを考えて使うと、できると思います。

二礼二拍手一礼

実際に神様に参拝します。
まず、一揖します。
次に、鈴があれば力強く鳴らしましょう。神様に自分が来たことをこれで知らせるわけです。
今度は、お賽銭です。お賽銭を投げつけるようなことがあってはいけません。静かに入れましょう。
そして、「二礼二拍手一礼(二拝二拍手一拝)」を行います。

「二礼」  神前に向かって、二回深くおじぎをします。背中を平らにして、腰を90度折ります。
「二拍手」 両手をのばして手のひらを合わせてから、右手を少し後ろへ下げます。(左手の親指の付け根の膨らんだ部分と右手の手のひらのへこんだ部分が合わさるぐらいのイメージで)肩幅ほどに両手を開いて、柏手を2回打ちます。再び、両手をあわせ、揃えて祈念をこめてから手を下ろします。
「一礼」  再び深くおじぎをします。

丁寧な作法では「一揖二礼二拍手一礼一揖」となっています。(上記に加え最初と最後に一回ずつ浅くおじぎをします)

出典 http://zock.sakura.ne.jp

神社によっては、二礼二拍手一礼ではないところもあります。

出雲大社は、独特な参拝の仕方があるようです。 一般的な神社では、二礼二拍手一礼というところが殆どですが、出雲大社では、二礼四拍手一礼で参拝するのが正しいとされています。

出典 http://willesdenwindows.com

神社の一般的なお参りは2礼2拍手1礼ですが、「2礼4拍手1礼」が弥彦流。

出典 http://www.nadaiya.com

新潟県の弥彦神社も「2礼4拍手1礼」だそうです。

二礼二拍手一拝は、GHQの占領政策の中で、国家神道否定のために神社本庁が戦後に定めたものです。 GHQ( General Head Quater )は、神道を政教一致と見做し、神道の存続に関して一般宗教と同じ「 宗教 」 への格下げを条件とします。 そして「 宗教 」としての体面を造るための「 方便 」として採用されたのが、「 二礼二拍手一拝 」だったのです。

従って、実際には何度手を叩こうが自由です。

出典 http://nueq.exblog.jp

このような記事も見つけましたが、「2礼2拍手1礼」が無難なのではないでしょうか。

伊勢神宮は8回柏手をうつ、八開手という参拝方法がありますが、これは神職の方のみが行うもので、一般的には2礼2拍手1礼でよいそうです。

お賽銭は、しずかに入れましょうね。

神様に何をお願いしますか。

先日、ときめきの片づけで有名な近藤麻理恵さんは「がんばりますと決意を述べる」といっていました。

ただの神頼みでなく、自分が頑張ることを神様に誓うというのも素敵ですね。頑張る力が湧いてくる気がします。

おみくじ

おみくじは、参拝のあとにひきます。

結果がよいものであれば、持ち帰りお守りがわりにしてもよいですね。
結果が思わしくなくても、自分への戒めのために持ち歩いてもよいようです。

思わしくないおみくじを持ちかえるのが嫌ならば、神社にあるおみくじを結んでおく場所に結んで帰りましょう。

気に入らないからといって、むやみに捨てたりしませんように。

初詣は混雑しますね。

神様へはもちろん、ほかの参拝者にも失礼のないように、気持ちよく参拝して、今年もよい年にしたいものです。

この記事を書いたユーザー

このユーザーの他の記事を見る

専業主婦です。只今子育て真っ最中。

得意ジャンル
  • 育児
  • 料理
  • 暮らし

権利侵害申告はこちら