穴が開いたソックス。みなさんはどうしていますか?

大半の人が捨てていると思うのですが、これからご紹介するTwitterユーザーさんは捨てずに。ソックスに穴が開くたびに直し続けているんだそうです。

直し続けていたらもうやめられなくなったというこちらの制作者は、元地方議員をやっていたTwitterユーザーの「BASIL」(@basilsauce)さん。

一体どんな作品に仕上がっているのかというと…

こちら!

出典 https://twitter.com

これはかなりアーティスティックなソックスですね。

出典 https://twitter.com

かなり年季が入ってますね。なんと20年物だそうです!

出典 https://twitter.com

これはお友達に頼まれて直してあげた時のものだそうです。

さすがに全部が全部直して使っているわけではなく、新しいソックスも購入しているそうですが、それでも1年に2足くらいなんだとか。とってもエコですよね。

制作方法も紹介してくれています。

出典 https://twitter.com

これなら裁縫が出来る人なら分かるんじゃないですかね。

これにはTwitter上でも称賛の声が!

ですねー。可愛い!

たしかに履くのも楽しくなりそう♪

アートソックス!

これぞ芸術ですね。

そう!逆にオシャレ!

ほんとそうですよね。

その気持ちも分からなくはないですね(笑)

その気持ちも分かります。

海外のユーザーからも。すっげぇオシャレ!だって。

こんなご家庭も。素敵ですね。

この方法で娘さんのズボンを直したというユーザーも!

…と、かなりの称賛の声が挙がっていますが、このエコの精神は素晴らしいと思います。昔の人は(自分の親世代も)こうやって一つものもを大事に使っていたもんですよね。

継ぎはぎは恥ずかしいと思う気持ちもあるかも知れませんが、こんなアートな作品に仕上がるんだったら素敵ですよね。

ちょっとこれは試してみようかなぁ。

この記事を書いたユーザー

wagibank このユーザーの他の記事を見る

広告代理店に勤務している傍らフリーのライターとして活動中。職業柄、最新の話題に常に触れているため、皆さんに楽しんでもらえるような記事を作っていければなと思ってたりします。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス