子を持つ親の子育てポイント

わが子が小さいころ親の側から離れる時間が少なくて、いつでも目の届くところにいたのに、小学校へ入ると、とたん子供に1つの社会ができて親として寂しいもの。

しかも離れてる時間もぐっと増えて、学校での様子をすべて把握することも難しい。

友人のこと、勉強のことなど聞きたいことは山ほどあるのに、わが子からの情報だけだと難しいものが。

そこで小学校低学年の子を持つ親の子育てポイントを紹介。

効きたい、知りたいといった気持ちは親なら当然でしょうが、帰宅してからあまり質問攻めに合えば、子供も嫌になるでしょう。

おかえりなさい。今日はたのしかった?

と先ず帰ってきたら安心感を与えてみましょう。

答えが笑顔で「楽しかった」なら、それだけで十分。

子を信用するのは当然。ですが、この時期子供はいろいろなもの簿との流れに沿って、記憶して口に出すのは難しくて、断片的しか物事をとら得らえRません。

Aくんに嫌なことを言われた

と言ったら、そのまま受け止めると、Aくんは悪者になりますが、その前後の様子、周りの友人たちの様子をかいつまみ聴いてみれば、何か流れがあった結果嫌なことを言われたということにならないでしょうか?

子供の発したひとことのみで、共感したり怒ったりしないで大きな気持ちで話を受け止め、その時の前後の用数へ想像をめぐらし話を聞くことが大事。

子は親がおもっている以上に学校へ行くことへ気持ちの切り替えをして緊張感を持ち登下校してます。

ただ楽しそうに登下校してるだけに見えますが、家で見せない一面を学校で見せてます。

ですので一緒にふろに入ってるとき、布団に入ったことになり、ぽつぽつ学校でのことを話したりしないでしょうか?

次の日学校のことを考えれば、つい急がしてしまいがちですが、気持ちのリラックスしてる時間が大事です。

就寝前など、余裕を作り一緒に過ごしてみれば学校のことも話してくれます。

子育ての自己嫌悪感に打ち勝つには

嫌悪感という感情は、それが自分い向けられるときは厄介です。

子供を感情的にしかると、嫌悪感に襲われても原因は子ではなく自分にあることを自覚してください。

自己嫌悪になったら、そこから逃げないことが大事。子供は目の前にいてごまかせないです。

感情的に起こった自分としっかり向き合ってください。

子に対し正しい方がいつも謝る風に教えていて、厳しくしかったら、きちんと子に誤ってます。


すると嫌悪感が湧きでにくなります。

子をしかったら、自己嫌悪になる前、すぐ子供の目を見て出し決めてあげましょう。

すると子も安心して、親も怒り、嫌悪感を沈められます。

何度失敗をしても、その旅自分を責めて機雷になったら、周りも迷惑。

そのため子、夫に対し誤ったらもう許してもらえたと心に念じ、思い出さないことが大事。

具体的には子と一緒にゲームをして遊んだり、自分に意識が向かうことから避ける工夫が必要。

自己嫌悪になりやすい方は、自分に正直な性格。そこで誰より自分のことを許してあげることが大事です。

嫌悪感を無理に閉じ込めないで、感情の処理をうまくできるようになってください。

この記事を書いたユーザー

fea このユーザーの他の記事を見る

SOHO

得意ジャンル
  • 美容、健康

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス