私はお正月や長期休みといえば、日本海側にたくさんいる親戚の家に連れて行かれることが多くて、子供の頃の思い出もそちらの方の思い出が多いです。
親戚に1度高級旅館に泊めてもらったことがあるので、その時の話を書きます。

出典筆者撮影

その旅館は「萬国屋」といって、山形県鶴岡市のかなり新潟寄りにあります。ちょっと車を走らせるとすぐに日本海です。
温泉地で、その天然温泉のお湯も飲むと身体に良いそうで、飲泉所も設けられています。

出典筆者撮影

人の小ささで、ホテルの大きさがわかりますか?
廊下もロビーもとても広いんですよ。

出典筆者撮影

お部屋に用意してあるお菓子やお茶。お通しも普通より豪華でした。

出典筆者撮影

お部屋の中にひのき風呂もあります。

出典筆者撮影

1階の庭も立派。1階に大浴場の岩風呂があって、そこがすごく良かったです。本物の天然温泉ですよ。

出典筆者撮影

豪華なお料理!メインは米沢牛のステーキです。山菜も豊富にとれるので、この時はわらびしかなかったですが、こごみやぜんまい、うどなど、春には天然の山の幸も楽しめます。

出典筆者撮影

日本海のうに丸ごとですよ。岩がきもおいしいです。レモンをしぼってそのまま何もつけずに食べられるんです。

出典筆者撮影

アワビもサザエも捕れるんです。でも個人がとると密漁になるからダメですよ。
冬には白子たっぷりの高級寒だらもあるんですよ。1本2万円くらいします。

出典筆者撮影

良い旅館で好きなのが、こういうちょっと落ち着いたくつろぎスペースがついているところです。高尚な趣味な感じの本が並んでいたり。

出典筆者撮影

昔は本当に昔ながらの温泉地で、若者が楽しめる場所が無かったのですが、高速道路が延びてアクセスが良くなって「ちっともっしぇ(ちょっと面白いという意味)」という足湯カフェができていたり、少し行けばクラゲで有名な加茂水族館もあって、楽しいスポットになってきました。春は桜も綺麗。バラ祭りもあります。

冬場は笹谷トンネルや月山を越えるのが大変で、吹雪で前がほとんど見えなくて、ただでさえ車苦手なのに死ぬかもと思ったほどひどい時もありました。

山形蔵王にも子供の頃スキー教室で連れていかれましたが、あまりの寒さに雪が結晶のままパラパラ降ってくるんですよ!本物のサラサラの粉雪を見ることができます。

あんな中雪山にスノボに行くなんてすごいバイタリティーだなぁと思いながら、インドア派の私は、今日は近所のスーパー銭湯につかって、ジェットバスと手もみマッサージでコリをほぐしてきました。

陽気の良い時に少しお金を貯めて行ってみてはいかがでしょう。関東の温泉地よりはリーズナブルに行けると思います。

この記事を書いたユーザー

naonao このユーザーの他の記事を見る

アメーバマイスターのブロガーです。
ライターは初心者です。よろしくお願いします。

得意ジャンル
  • マネー
  • 海外旅行
  • 国内旅行
  • おでかけ
  • グルメ
  • 料理
  • キャリア
  • 音楽
  • 社会問題
  • インターネット
  • 暮らし
  • カルチャー
  • コラム

権利侵害申告はこちら