言論や活動の自由が日々消えつつある・・・?

戦前のきな臭い足音が・・・
静かに、しかし、着実に忍び寄っている!!

そして政府や行政に対する批判は多いが・・・大きな疑問を
忘れてないだろうか?

それは戦前は政府や行政や軍部だけが作ったのではないという重大事
政府や行政や軍部が、どれだけ強力に叫ぼうが・・・国民全体がNOといえば
軍国主義など起こらないという現実を!

戦前は、どうして作られたのだろうか?
政府や行政や軍部の不穏な動きに恐れ、慄き、自分だけは少しでも助かりたい
という囁かな願いを持つ人々が増え始め、最後には誰も反対しなくなり
そして政府のシナリオ通りに軍国化が始まった

いま、ネットで反対だという声だけは大きくても
いったい誰が反対しているのだ?
政府にNOといえる国民が一番強い国だ
日本はいまこそ、そういう国づくりに向かわなければならないのではないだろうか?

この記事を書いたユーザー

photo21essay このユーザーの他の記事を見る

photo essayist Show 写真家です
お出かけスポットの紹介など新しいライフスタイルの提案などを
行います。<想いを残す>写真の楽しみ方なども併せてご紹介できればと思います

得意ジャンル
  • インテリア
  • マネー
  • 動物
  • 海外旅行
  • 国内旅行
  • おでかけ
  • 恋愛
  • ファッション
  • おもしろ
  • ニュース
  • 音楽
  • 話題
  • 社会問題
  • インターネット
  • ライフハック
  • 広告
  • 暮らし
  • カルチャー
  • エンタメ
  • 感動
  • コラム

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス