2015年2月6日オープン。
 
オープン日は、すごい行列でニュースになってましたね。
4時間待ちだったとか。

今は、行列も収まったと聞いたので
初めての清澄白河に行ってきました。

清澄白河。
半蔵門線、都営大江戸線清澄白河駅A3出口から地上へ出たら左折。
門前仲町方向へ清澄通りを進み、
道が少し右にくの字に曲がった右側、
次の路地、お好み焼きこのみ脇を左折。
3つ目の四つ角、左側、角が駐車場になっていて、
その横の白壁と窓が印象的な倉庫のような建物。
 
駅から徒歩8分くらいかな。 

店内は、背の高い大きなテーブル3卓、外にベンチ席。
天井が高く広々としたスペース。
レジ奥では、コーヒー豆の麻袋が積み重なり、
コーヒー豆の選定などをしてました。
 
5人くらいの列で、席は満席。
私の前の人は、みんな初めて来たお客さんだったようで、
毎回全部説明してて時間がかかりました。 

コーヒーカフェ。
アメリカ発サードウェーブコーヒー日本1号店。
2002年にアメリカで焙煎所として始まりました。

青いボトルのロゴがかわいい。
 
アメリカのコーヒーって、ほんと美味しくなかったから、
アメリカ人ってコーヒーの味わかんないんだぁー
と思ってたのに、美味しくなって日本に上陸してますね。

ホットコーヒーは、バリスタさんがハンドドリップで
じっくり丁寧に淹れてくれます。

メニュー
エスプレッソ 450円
マキアート 460円
アメリカーノ(HOT/ICE) 450円
カプチーノ 500円
カフェラテ(HOT/ICE) 520円
など。
 
コーヒー豆メニュー
ブレンド
シングルオリジン +100円

●アイスカフェラテ 520円
ブレンド豆を使用したアイスカフェラテ。
エスプレッソの味は、そんなに強くなく、
ほどよく飲みやすい味でおいしかった。
 
他のお店でアイスカフェラテを注文すると、
氷の入ったグラスにミルクを先に入れ、
後からエスプレッソを入れますが、
ブルーボトルさんでは、
ミルクとエスプレッソを先にミックスしてから
氷の入ったグラスに入れることで、氷が解けて薄まることを避けているそうです。

●リエージュワッフル 500円
おいしかった。
注文を受けてから焼くので、熱々カリッとしていました。
粉がギュッと詰まっているような口当たりだけど、
やわらかいの~。
コーヒーペーパーフィルターに入って提供されて
かっわいぃ~。
 
初めての清澄白河は、ノスタルジックな雰囲気で楽しかったです。
コーヒーショップが街のあちらこちらにオープンしていて、
おいしそうなパン屋さんやスイーツのお店もチラホラ。

街の散策に疲れたら、ブルーボトルコーヒーで休憩してみませんか。
 
ブルーボトルコーヒー 清澄白河 ロースタリー&カフェ
東京都江東区平野1-4-8

この記事を書いたユーザー

権利侵害申告はこちら