あなたの生命保険は大丈夫??

何かとお金がかかる年末年始。

どこから節約していこうか?とお考えの方も多いはず。

今回は医療保険についてお話します
生命保険の見直しをして毎月の支払いが楽になるかもしれません。


更新型と終身型

更新型

もしかしたら聞いたことがあるかもしれないフレーズ
「保険を更新したら高くなった」「年齢が高くなると値段も高くなる」
それはなぜでしょう??

更新型の場合10年、もしくは20年ごとに保険の更新が来ます(最初の契約時に決まった期間)その際更新時の年齢に応じて保険料が決まります。
なので20歳より30歳、30歳より40歳が高くなります。
なぜかというと保険はその年齢ごとに入院や、死亡、介護などのリスクを計算して算出されますので、やはり年齢ごとにリスクが高くなるため保険料も高くなるというわけです。

今までの倍以上あがる。そんなことも珍しくないようです。


メリットとしては更新時最新の保証に変えられること。
デメリットはどんどん高くなること。
医療保険は医療の技術向上によりその時一番いい保険が発売されます。

終身型

終身型とは入った時の医療保険がずっと死ぬまで変わらないというのが特徴です。
60歳まで払込んであとは保険料がいらないタイプや、保険料をずっと払い続けるタイプなどあります。もちろん60歳まで払い込むタイプのほうが金額が高いですが、60歳以降払わなくて良いという一長一短です。

メリットは保険料が変わらないこと。特に若いうちに終身保険に入っていると月々の保険料も安くなります。それは、60歳になった時に大きな差が生まれます。
デメリットは入ってしばらくは更新型より高くなること。

では、どちらが良いのか。

結論を言うと答えはありません。

なぜかというと年齢や、今の生活などにより大きく変わるからです。

ただ、更新型と終身型で大きく違うのは総払込金額。こちらに関しては確実に終身、もしくは長い期間の更新型のほうが安いです。50万以上違う事もあります。

では終身がいいのか??

私もそうですが、30歳。子育て真っ最中。となると更新型より高い終身には手が出ません。

いいのはわかっている。総払込が違うのもわかる。だけれども今一番大事なのは今の生活である。
保険の内容が一緒なら安いほうがいい。
ということで、子供が20歳を越えるまでは保険料が上がらない20年の更新タイプを選んだ。


なので、少し生活に余裕のある方は終身のほうが総払込みが安い。
私のように生活に厳しい方は今後を見通して保険期間を決める。
これが大事なんだと思います

医療保険の大切さ

私も生活が厳しいのでわかるのですが
保険料を毎月払うのが厳しいから。
私は健康だから。と無保険の方もいらっしゃると思います。
けれども、いつ怪我や病気になるかはわかりません。
入院をするとお金がかかるからと我慢する方もいらっしゃると思います。
そんな方にはぜひかけられる最低限の払える範囲でかまわないので保険に入ってください。

逆にお金がたっぷりある方は医療保険は実はそんなに医療保険は必要ありません。
高額療養費制度などがあるため貯蓄で賄う事ができるからです。


今現在の節約とは違うかもしれませんが
今入っている保険の内容を見て、あなたに最適な保険なのか確認してみてくださいね

この記事を書いたユーザー

さとみき このユーザーの他の記事を見る

2児のママです。色々な職種を経て現在に至ります。
今までに培った経験がお役に立てれば嬉しいです。

得意ジャンル
  • マネー
  • 育児
  • 美容、健康
  • キャリア

権利侵害申告はこちら