2015年もあと数日でいよいよ終わり。みなさんにとってこの一年はどういう一年でしたか?2016年はすぐそこ。新年を新しい気持ちで迎えるためにサヨナラするべき16のことをライターのRania Naim氏が綴っているので、ここでそのうちの10をご紹介したいと思います。

1. 否定的な感情を持たない

Licensed by gettyimages ®

「こんなことできない。どうせ無理」「あんな人になんてなれない」という否定の感情を持たないようにしましょう。頭の中で囁くそんな声を信じてはいけません。来年は自分を肯定的に見つめることから始めてみましょう!

2. 自分のした行動を一回一回振り返らないこと。起こした行動を反省するばかりではなく、自分がそこに到達したこと、またはその可能性にもっと目を向けて自信を持つようにしましょう!

3. あまり良くなかった過去の記憶にサヨナラを!

Licensed by gettyimages ®

ネガティブな過去の記憶を引きずっていてもポジティブにはなれません。この際、嫌な出来事や記憶はもう後ろに置いておきましょう。まだまだ人生を学んでいる最中ということだけをしっかり覚えて新しい年に挑みましょう!

4. 今年守れなかった約束は2016年はしないようにしましょう。何事にもタイミングが大切。良いことは時に時間がかかるものなのです。

5. 傷ついたり、泣いたりした過去の時間にサヨナラしましょう。過去は過去、よく頑張ったと自分を褒めましょう。辛いことはいずれ終わりを告げるものです。

6. 自分にとって有害な人と付き合うのはやめましょう

Licensed by gettyimages ®

あなたの人生にとって意味のない人間関係はすっきり切ってしまいましょう。本当にあなたをケアしてくれる人との繋がりを大切にできる2016年にしましょう!

7. 過ぎたことを「あぁすればよかった」「こうしたらよかった」と後悔するのはやめましょう。人生はただでさえ色んなことが起こるもの。後悔したって何も変わらず余計にあなたを苦しめるなら、そんなことするだけ無駄ですよね?

8. 誰かに言われた悪口を忘れましょう

Licensed by gettyimages ®

あなたが自分のことを愛せなくなるような気持にさせられた悪口をもう忘れましょう。そんな悪口を言う人は心根がさもしい人たちです。あなたを悪く言うような人はあなたのことを全く理解していない人。そんな人たちは自分の気分を良くしたいがために、他人の悪口を言うのです。

9. 見逃してしまったチャンスにはきっぱりと別れを告げましょう。行けなかった場所、できなかったこと、いろいろあったかも知れませんが人生はそう思い通りにはいかないものなのです。できなかったこと全てに罪悪感を感じる必要はないのです。新しく前に進めばいいだけなのです!

10. 「来年もきっと同じ」という考え方をやめましょう

Licensed by gettyimages ®

来年もどうせ何も変わらない…そんな考え方をやめましょう。あなたに起こる全てのチャンスや可能性、または夢にしっかり向き合うようにすればきっといいことが起こるはず!

たくさんの人にいろんなことが起こった一年でもあったと思います。特に社会情勢がこのように不安定になっていると人の心は搔き乱され、未来に対しても否定的な感情になりがち。でもポジティブに生きることを諦めてはいけないのだということをこの教訓からも学べるのではないでしょうか。

今年よりも来年の方がよりハッピーになれるように、みなさんもこの10のことを是非心がけてみてくださいね。今年一年を悔いなく締めくくり、新年にまた新たな一歩を踏み出せるように、みなさんの幸せと健康を祈っています。

この記事を書いたユーザー

Mayo このユーザーの他の記事を見る

公式プラチナライター。イギリス在住22年目。いつも読んで下さる皆さんに感謝。Twitterアカウントは@mayonesque18です。よろしくお願いします。

得意ジャンル
  • 話題
  • 社会問題
  • 動物
  • 海外旅行
  • 育児
  • テレビ
  • カルチャー
  • 美容、健康
  • ファッション
  • 感動
  • コラム
  • おもしろ

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス