襲っちゃうぞ~

Licensed by gettyimages ®

魔女に襲われる話なんて頭大丈夫?と鼻で笑われそうですが、
この話は都市伝説ではありません。
自分は関係ないねと言えるのは、貴方が20歳以下ならそうかもしれません。
善良な市民でも悪行三昧のゲス野郎でも、区別なく魔女はターゲットに選んできます。
どーせイケメンが狙われるんだろ?
フツメンやブサメン男性も気を落とさないで下さい。皆さんも立派なターゲットです。
結局、金持ってるか持ってないかってのが選別の基準っていうオチ?
それも違います。てか、魔女だったら10円玉を万札に変えるの朝飯前だと思いますけど。性別年齢学歴職業や出自、容姿に預金残高も無関係です。

魔女に狙われる人とは

1.大掃除を頑張る人

Licensed by gettyimages ®

窓も拭いたし、換気扇も洗った。床を拭くのに家具も持ち上げて頑張ったんだから~

2.遠出や帰省でドライブする人

Licensed by gettyimages ®

ちぇ、盆正月って混むよな~高速道路の意味ないじゃん・・

3.初詣やカウントダウンへ出かける人

初詣 浅草寺
by m-photographs

クソ寒くても何かに突き動かされて行ってしまいます。

4.暴飲暴食する人

Licensed by gettyimages ®

ゴロゴロしながら、正月料理を食べまくり飲みまくり。
体重5キロ増えましたが何か?

人を襲う魔女の名前は「Hexenschuss!」

Licensed by gettyimages ®

読み方はヘキセンシュス、ドイツ語で魔女の一撃という意味です。
魔女の一撃とはズバリ”ぎっくり腰”を指しています。

ぎっくり腰が年末年始に激増する理由とは

出典 http://www.schmerzfrei-raum.ch

とにかく、赤い部分に負担がかかりやすい時期なのです。
大掃除で酷使されたり、長時間同じ姿勢を続けることは腰椎にとっては大迷惑。
寒さで血行が悪くカラダがこわばってるところに、初詣などで冷えに拍車がかかります。赤い部分は沈黙のうめき声をあげますが、ノーテンキに馬鹿食いして余計な肉をくっつけて腰を苛め抜くことで、魔女に手招きしてしまうのです。

魔女の一撃から身を守るには

膝をつかえ~膝をつかえ~、と今から100回念じてください。
重いものを抱える時は、腰を曲げずに胸をはった状態で膝を折ってしゃがみます。
その状態で物を持ち上げながら膝を伸ばしていきます。
かがんで物を拾う動作の代わりに、腰を折らずに膝を曲げてしゃがんで取ります。
腰ではなく膝を使うだけで、ぎっくり腰のリスクは大きく減ります。

くらった時は冷やせ

Licensed by gettyimages ®

たとえその場所が便所の床でも、無理に動こうとしてはいけません。
気を取り直して落ち着いたら、蛇かミミズになった気分でスリスリ移動してみましょう。腕は普通に動くはずなのでトカゲやイモリもお奨めです。

心地よい場所へ移動した後は、激痛が走る腰をアイシングしてください。
この寒いのに馬鹿じゃんと思うかもしれませんが、ぎっくり腰は炎症なので温めません。
信用できない人はGoogle先生に聞くと良いです、ちょっと変わった人以外はみんなそう書いてますから。安静と冷却こそが大切な鍵なのです。

この記事を書いたユーザー

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス