http://tocana.jp/2015/12/post_8370_entry.html
誰にでも、他人に知られたくないことがある。それはかつてナチス・ドイツ(第三帝国)の全権を掌握し、優生思想を唱えてユダヤ人をはじめとする多くの人々を死に追いやった総統、アドルフ・ヒトラーも同じだったようだ。なんと、生前のヒトラーがひた隠してきた自身の身体的特徴が、過去の記録から事実であることが確認されたという。 生前のヒトラーが決して明かすことのなかった体の秘密――それはズバリ、「片玉」だということ! そう、彼は睾丸を1つしか持っていなかったのだ。いや、正確には2つあったのだが、右の睾丸が停留精巣(潜伏精巣)の状態だった。

この記事を書いたユーザー

風間 優 このユーザーの他の記事を見る

旅師 風間 優 の旅の記録他日記です

権利侵害申告はこちら