毎年迷うお年玉・・・いくら?

出典ぱくたそ

毎年、今の時期になると頭を悩ませるのはお年玉をいくらあげればいい?ということです。

子どもは素直なので、その場で開けた場合に喜べば良いですが、あからさまにがっかりする子もいるでしょう。

なるべくなら、喜んでもらいたいけれど1人だけにあげるわけではないので、そこが大人の大変なところとも言えます。

一体、どうやって決めれば良いのでしょうか?

学校別のお年玉平均!!

出典ぱくたそ

そもそも、お年玉の平均って大人にとっては不明ですよね。
そこで、学校別でのお年玉平均をリサーチしました。

まずは、小学生が3000円。
中学生が5000円。
高校生が1万円。

とそれぞれで、平均は違っています。
これでもふさわしいとは思いますが、一般的にはどうやって決めているのでしょうか?

お年玉の計算式は年齢÷2×1000円!!

出典ぱくたそ

今は、お年玉の計算式が有名です。
それは、年齢÷2×1000円という計算式です。

例えば、10歳の子は、10÷2×1000=5000円となります。

これなら、年齢によってあげる金額が変わっていきます。
お年玉をもらう子どもからすると、自分の成長によって金額もあがるので嬉しいことです。

しかし、お年玉の平均より高額となります。

お年玉はお金・・・でなくても?

出典ぱくたそ

こうしてお年玉の金額について書いてきました。
私自身のお年玉のあげ方はちょっと違います。

まだあげる子たちが幼いので、お金ではなくてプレゼントを渡しています。
自分の欲しいものは、サンタさんからもらっています。
こちらで、喜んでくれそうなものをチョイスして渡すことにしています。

小さいうちは、お金の価値がわからないので、見てすぐに笑顔になってくれるプレゼント方式をとっています。
その可愛い笑顔が見られて良かったと思います。

あらかじめ親戚一同でお年玉の金額を決める!

出典ぱくたそ

親戚一同で、話し合ってお年玉の金額を一律の値段に決めることがベストです。
そうすれば、あげる側も値段が決まっていて考えることもないです。

例えば、小学生以下は1000円、小学生は3000円など。
これが1番楽な方法です。
みんなで話し合ってみるのも良いと思います。


明芽メールマガジン
http://www.mag2.com/m/0001669191.html

この記事を書いたユーザー

明芽 このユーザーの他の記事を見る

ライターとしてセキセイインコと同居するインドア派!
ハンドメイド作品をチェックし購入することが大好きです!
1人でも多くの人に知ってほしいことを発信していきます。

得意ジャンル
  • インテリア
  • 動物
  • 海外旅行
  • 国内旅行
  • おでかけ
  • グルメ
  • 料理
  • テレビ
  • 恋愛
  • 美容、健康
  • ファッション
  • キャリア
  • おもしろ
  • ニュース
  • 音楽
  • 話題
  • 社会問題
  • スポーツ
  • インターネット
  • ライフハック
  • 育児
  • 暮らし
  • カルチャー
  • エンタメ
  • 感動
  • コラム

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス