終電を乗り過ごしてしまったこと、ありませんか。

Licensed by gettyimages ®

会社の忘年会など、今は年末の飲み会が多く開催されていますよね。遅い時間帯までお酒を飲んでいた場合、ついうっかり電車を乗り過ごして、終点まで行った経験ありませんか。

終点駅にビジネスホテルがあれば、まだ良いですが、宿泊できる場所もない駅が終点ということも十分に考えられます。

Twitterで話題の、「救済バス」

Licensed by gettyimages ®

Twitterやインターネットニュース、TVでも話題の「救済バス」をご存知でしょうか。

忘年会シーズンに合わせて、東京・多摩西部を中心に路線バスを運行する西東京バス(本社・八王子市)が、JR中央線の中央特快最終電車で終点の高尾駅にたどり着いてしまった乗客を“救済”するバスの運行を始めた。

 中央線は、新宿駅を午前0時11分に出発する中央特快高尾行きを利用して寝過ごしてしまうと、高尾駅到着は0時55分で、接続する上り電車はない。また、高尾山にほど近く、周辺に夜を明かすことができる施設も少ないため、週末などは駅近くで立ちつくす人も少なくないという。

出典 http://headlines.yahoo.co.jp

終電でたどり着いた場所が、宿泊できる場所がない、少ない駅だと本当に困りますよね。

西東京バスの運転手も別の会社に勤務していた当時、乗り過ごした経験があり、同様のサービスを社内で提案。昨年、最終電車の到着に合わせ、乗り越し客を宿泊施設や深夜営業の店が多い八王子市市街地まで送り届けるサービスを実施したところ、料金は日中の倍の880円ながら、7日間で計約150人が利用するなど好評だったという。

出典 http://headlines.yahoo.co.jp

八王子駅であれば、ビジネスホテルやネットカフェなど、始発まで過ごせる場所がたくさんありますし、タクシーを利用するよりも安価で移動できるのは嬉しいですよね。

今年は12、19、23、26日の土曜日、祝日のそれぞれ未明に運行することにし、12日は6人、19日は24人が利用した。同社は「本来なら深酒して乗り過ごさないのが一番だが、万一そうなってしまったときはぜひ利用してほしい」としている。

出典 http://headlines.yahoo.co.jp

今年は、26日の運行で終了だそうです。毎日は運行していませんので、電車を乗り過ごさないように気をつけましょうね。

心あたたまる「救済バス」サービス。

Licensed by gettyimages ®

見知らぬ駅で、宿泊場所も無いまま朝を迎えるのは心細いもの。「救済バス」の素晴らしさが話題になる理由もわかりますね。

お酒の飲み過ぎ、電車の乗り越しに気をつけ、それでも電車を乗り過ごしてしまった時には、利用してみてはいかがでしょうか。

この記事を書いたユーザー

Asuka Yamamoto このユーザーの他の記事を見る

ビューティブロガー。

得意ジャンル
  • 美容、健康

権利侵害申告はこちら