お料理雑誌や情報番組で話題の新聞紙カステラ、ご存知ですか?
新聞紙で箱を折って、アルミホイルかオーブンシートを敷くだけでケーキの型ができちゃいます。

新聞紙が発火する温度は291度のため、160度のオーブンで焼いても燃えないという。ただし、型がオーブンの熱源に当たらないように注意する。新聞紙を重ねて焼くことで火がじんわりと入り、ケーキはふんわりしたカステラ風に。焼いている最中はそばを離れない。

出典 http://opi-rina.chunichi.co.jp

【材料 約18センチの型1個分】強力粉 150グラム卵黄(Lサイズ約7・5個分) 135グラム卵白(Lサイズ約6個分) 235グラムグラニュー糖 185グラムはちみつ 75グラム60~70度の湯 大さじ2
【作り方】
<1>ボウルに卵白を入れ、ハンドミキサーで約1分泡立てる。ハンドミキサーですくい上げるとスッと落ちる「五分立て」の状態になったら、グラニュー糖の半量を入れる。
<2>さらに約30秒泡立てる。全体にとろみがつき、すくうとクリーム状にとろとろと流れ落ちる「六分立て」の状態で、残りのグラニュー糖を加える。ツノが立つまで約1分泡立てる。
<3>器にはちみつを入れ、湯を混ぜてのばしておく。
<4>(2)に卵黄を一つずつ入れてそのつど泡立て器で混ぜる。強力粉を万能こし器でふるい入れ、泡立て器で全体をしっかり混ぜる。泡立て器を垂直に持ちながら、ボウルの縁についた生地もしっかり混ぜる。
<5>(3)のはちみつ半量を加えてかき混ぜてから、残り半量も混ぜる。ボウルから万能こし器に移し替える。泡立て器で押し混ぜてこしながら、新聞紙で作った型に入れる。<6>オーブンシートと新聞紙の端を持ち、型の底面を5回ほどトントンと打ち付けて生地の空気を抜く。160度に予熱しておいたオーブンで70分焼く。

出典 http://opi-rina.chunichi.co.jp

大きなカステラが、美味しそうに焼けています!

デコレーションがかわいいです!

牛乳パックでパウンドケーキも

クリスマスらしいアイスケーキも牛乳パックを利用して

マスカルポーネのふわっとしたイタリアンアイス。カラフルなドライフルーツを加えて型で冷やし固めたクリスマス仕立てのセミフレッドです。

出典 http://recipe.cotta.jp

紙コップではマフィンが焼けます

きてくださってありがとうございます!
先日の「ティーバッグって1杯で捨てますか?
」の記事にびっくりするぐらいたくさんコメント頂いてありがとうございました。(まさかの350件超え)
共感は多少得られると思ってましたが、ここまでとは思ってなかったんで、めっちゃ嬉しかったです。
回転寿司の粉のお茶はエンドレスでお湯だけ足すとか

クリスマス、バースデー、バレンタイン、ひな祭り、こどもの日、自分記念日などなど、
特別な日じゃなくてもケーキは食べたいですよね。
エコな型を利用して美味しいケーキをたくさん作っちゃいましょう!

この記事を書いたユーザー

みなみより このユーザーの他の記事を見る

大学生男子と小学生女子の母です。家族全員が何かしらの病気を抱えているので健康関係の記事に興味があります。お料理レシピ投稿が趣味です。

得意ジャンル
  • インテリア
  • ライフハック
  • 料理
  • 暮らし
  • テレビ
  • 美容、健康

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス