性革命再び!その文化と哲学のスウェーデン最新事情

スウェーデンの「セックスフリー」は、全世界に衝撃を与えた。'60年代後半から'70年代前半にかけて世界中で吹き荒れた「性革命」の嵐のなかで、とりわけ最先端を走っていたのがスウェーデンの若者だった。
「それまではスウェーデンでもセックスは隠すべきもので、結婚するまでしてはいけないことだと抑圧されていたんです。それに反発するように女性解放運動が起こり、ピルが導入され、女性が妊娠を気にせずにセックスを楽しめるようになった。これで性規範がガラリと変わりました」(東京学芸大学研究員で、スウェーデン在住の中澤智惠氏)
女性は慎ましくあるべきだと言われてきたのが一転、女性は自らの性欲に忠実であることが社会的に容認された。女性のほうから自発的に男性をセックスに誘い、快楽を求める。スウェーデンは「愛と悦楽の国」として世界に認められた。その熱気は極東の島国まで届いた。「スウェーデンポルノ」に胸を躍らせ、北欧への憧れを募らせる少年が続出したのだ。
あれから半世紀近くが過ぎ、かの地の「性革命」の旗手たちも年を取った。だが、その情熱は失われてはいない。今もなお、彼らの性の世界には革新が続いている。

出典 http://gendai.ismedia.jp

「スウェーデンの70代男性は実に66%が積極的な性生活を経験しています。'70年代には47%でしたから、割合は当時より増えているのです。同世代の女性も'70年代には12%だった割合が36%と、3倍近く増加しています。
性生活を楽しんでいるのは、70代だけではありません。90代男性の26・7%、女性の4・7%が性的な興奮や情熱といった感情を維持していることもわかりました」

出典 http://gendai.ismedia.jp

「日本では40代を過ぎると、新しく性的なパートナーを見つけるのが難しくなります。ところがスウェーデンでは、いくつになっても相手は見つかります。社交の文化が根ざしていて、パーティーにカップルで参加する習慣も影響しているのかもしれません。
中高年の女性がパブで『ナンパ待ち』をしたり、ネットでパートナーを探したりすることは当たり前。一晩限りの関係であっても、二人が合意していれば差し支えはありません。日本では閉経すれば『性生活は終わり』と考える女性もいますが、スウェーデンの女性はそうではない。男女ともに年齢は関係なく、セックスを含めたパートナーを求めているのです」

出典 http://gendai.ismedia.jp

「当時交際していた30代のスウェーデン人女性と『スタート&ストップ』で交わったことがありました。彼女は『ヴァーラン博士というスウェーデンの有名な女性医学者が提唱する方法よ』と言っていましたが、これが本当によかった。
時間をかけて愛撫し合った後、挿入の段になると彼女から『射精しそうになったら言ってね』と告げられます。彼女は騎乗位で私の腰のあたりをグッと押さえ、私は体を動かせてもらえない。『目をつぶって』と言われ、そのまま彼女が女性器でペニスをしごきます。目をつぶると神経が集中して、すごく気持ちがいい。
ところが私が『いきそうだ』と言うと、彼女はペニスを抜いてしまいます。少し休憩してから彼女は再び動き始めますが、射精しそうになるとまたやめる。これを3回繰り返しました。2回目の休憩ではコーヒーを飲み、興奮しているのにゆったりした不思議な感覚でした。
挿入を始めてから1時間、我慢できなくなった4回目でようやく射精させてもらえました。焦らされていた分、絶頂の快感は凄まじかった。彼女は『長い時間楽しめるでしょ』と言っていました」

出典 http://gendai.ismedia.jp

「私は愛撫から絶頂までに1時間はかけます。しかも、『前々戯』をきちんと楽しみます。これが日本のセックスと大きく違う。ムーディーな音楽をかけ、ワインを飲んで、アロマを焚く。手をつないだりキスをしたりしながら気持ちを盛り上げ、ようやくセックスに至る。こうして初めて充実した行為ができるんです」

「みんな、セックス前のマッサージを大切にしています。ネット掲示板では『オーガズムに達するためには絶対に必要だ』とか『マッサージオイルの香りはチョコレートが一番いい』といった議論がかわされています」

「私がしてもらったときは冬で、暖炉の前に敷いた毛皮の上に裸で横になり、体を温めてもらった。『インターラム』という現地のメーカーのオイルを塗られ、それだけでいい気持ちになりました」

「マッサージの序盤は体がリラックスしていきましたが、お尻をわきのほうから頂上に向けて揉み上げられたり、太ももを両手で挟まれ小刻みにこねるようにされると、体の奥がうずいて、さわってほしくてたまらなくなります」

出典 http://gendai.ismedia.jp

「フィンランドにはサウナ文化がありますが、男女が裸で一緒に入ることもあるくらい性に開放的な国です。それがきっかけで関係が始まることもあって、浮気は結構多い。女性もみんな『気持ちよくなりたい』って思っていますからね」

この国は、首都ヘルシンキで定期的に「セキシビジョン」というポルノイベントが開かれることでも知られる。メインはアダルトグッズの展示だが、公開のAV撮影会あり、女性のマスターベーションショーありで大人気。女性の見学者がペニス形の飴を舐めている姿も見られるという。
セックスライフを楽しんでいる「性の先進国」はスウェーデンに限らない。他の北欧諸国の人々もとても積極的だ。

出典 http://gendai.ismedia.jp

「女友達のあいだでも、普通に『オナニーの時、どんなバイブを使うのが気持ちいい?』といった会話をします。パートナーにもハッキリ『舐めてほしい』『クリトリスをさわってほしい』と言えるし、嫌なことをされたら断れます。みんなセックスを恥ずかしい行為とは思っていませんから」

「キリスト教の国ですから、かつては結婚までセックスをしてはいけないといった保守的な感覚が強かった。ですが1960年代から女性の社会進出、男女同権を実現する政策が一気に進み、それと同時に性教育が充実していったのです」

「7歳から性教育が始まり、その段階でセックスの話も聞いているようで、子供たちは赤ん坊がどこから出てくるかも知っています。その後も、セックスは『愛する人と行う大切な行為』『楽しいもの』と教えられます」

「そもそもスウェーデンでは、男女が親密になると、交際をしていなくてもセックスをすることがしばしばある。そこで体の相性や愛情を見きわめ、ステディな関係になるかどうかを決めるのです。そうやって選んだ相手だから愛情をもって接することができ、浮気も少なくなるのかもしれません」

出典 http://gendai.ismedia.jp

筆者は80年代に度々仕事でスウェーデンを訪問していた
あるとき不思議なデモを見た
SEXという文字とNOという文字が目に入ったので、店にいた女性に尋ねた
いったい何のデモをやってるの?

女性は顔を赤らめ・・・答えてくれた
小学校でやってる性教育を反対するデモなのよ
まだわからないうちにテクニックまですべてを教えるのはダメだと言ってる・・・

30年経ち、スウェーデンではさらに性の解放が進んだようだ!
最近では日本でも女性が自分の性について正直になり開放的になってきた
ように思える

人生に睡眠は大事なようにSEXも日々の生活に重要な要素だと思う
重要だからこそ直視して知識と思考を豊かにして選択肢を広げるのは
有意義だと思う

この記事を書いたユーザー

photo21essay このユーザーの他の記事を見る

photo essayist Show 写真家です
お出かけスポットの紹介など新しいライフスタイルの提案などを
行います。<想いを残す>写真の楽しみ方なども併せてご紹介できればと思います

得意ジャンル
  • インテリア
  • マネー
  • 動物
  • 海外旅行
  • 国内旅行
  • おでかけ
  • 恋愛
  • ファッション
  • おもしろ
  • ニュース
  • 音楽
  • 話題
  • 社会問題
  • インターネット
  • ライフハック
  • 広告
  • 暮らし
  • カルチャー
  • エンタメ
  • 感動
  • コラム

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス