携帯電話の普及率が100%を超えている現代。
ポケベルを持っているのが進んでいる時代から、今や2台持ち3台持ちもアリな時代になってるなんて、凄いですよね!

そんな中、ガラケーを使い続けてきたことで、周りに化石を見るような目で見られてきた筆者が体験した、ガラケーあるあるをまとめてみました。

頑丈で長持ちだから…

ガラケーと言えば、そう、頑丈!落としても液晶割れの心配もないからお尻のポケットに入れたままうっかり座っても何の問題もありません。電池カバーが外れたって、セロハンテープで留めれば使えます(筆者経験済み)。
だからこそ、壊れたらスマホに…と思ったまま長~い年月を過ごす方も多いのではないでしょうか?

筆者も1台のガラケーにつき平均5年以上は使っています。

流行の波には乗れません・・・

ガラケーの筆者は、LINE出来ないの!?と何度言われたことか…。
他にも、メールされた地図が表示できなかったり、電車の乗り換え検索で次の電車をスムーズに調べられなかったり、などなど…。スマホの便利さを指を咥えて見ていることもしばしばあります。

LINEは出来なくはないけれど、とても使いにくいようです。

基本的にスマホ用かPC用のサイトが多いですよね。

割引券とか、どんどんアプリ化してますよね…。

スマホとは壁がある・・・

スマホとガラケーは、便利さだけではない大きな壁もあるのです。

アドレス交換をしたくても、ほとんどのスマホには赤外線が無いですもんね。

ガラケーを振るのは電波立てる時くらいです。

ガラケー同士の妙な連帯感

ガラケーユーザーは、自分が絶滅危惧種である自覚があるため、たまたま知らない人がガラケーを取り出したり、聞いたメールアドレスが「@vodafone」だったりすると、途端に親近感を持ちます。

おもむろに自分もガラケーを出してみたり。

だんだん肩身が狭くなってきますよね。

固執しているのがたまに虚しくなる

まだ使えると思っても、安いからと思っても、ガラケー同士の連帯感を感じられても、やっぱりスマホを使ってみたい時もあります。

考えだすとしょんぼり?

まぁ、スマホ通信料高いし・・・

卒業となると一大事

色々な葛藤を抱えながら(!?)長いことガラケーを使い続けてきた人にとって、ガラケーを卒業することはかなり大きな出来事になります。
ガラケーを使っていた人だけでなく、周りの人にとっても「やっとか…」「仲間だと思っていたのに!!」など、反響も大きくなりがちですよね。

70代の方が進んでいる(笑)

仲間だったのに・・・!

アナログの良さには胸を張ってみる

LINEが出来なくても、地図を見れなくても、写真をスクロールで見ていけなくても、ガラケーにだって良いところもあるんです

大体長文だから、送る前にちゃんと読み返しますよね。

そうそう、消えていかないように保護するんですよね、大事なメールは。

片手で出来るし、うっかり触れちゃって文字が打たれるとか無いのは、確かに楽です…!

出来ることが少ないと、案外時間を有効に使えるのかも?

いかがでしたか?

ガラケーユーザーによる、ガラケーあるあるでした。

ちなみに筆者は、今年からやっと文明の利器であるスマホを満喫しています。ガラケーも良いですけど、スマホもやっぱり便利ですね!(笑)

この記事を書いたユーザー

めっこりん このユーザーの他の記事を見る

転勤族の妻で、1児の母。
体験で役立ったことや、おススメ等を紹介していきたいと思います♪

得意ジャンル
  • 国内旅行
  • ライフハック
  • グルメ
  • 育児
  • 暮らし
  • エンタメ
  • コラム

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス