那覇市内は一番長くいたので、2回に分けて書こうと思います。

首里城では、お正月にしか見られない行事を経験してきました!
「新春の宴」という行事です。

出典筆者撮影

まずは普通に首里城の中を見学して、ゴーヤチャンプルーなどの沖縄料理も食べました。「豆腐よう」っていう、島豆腐を泡盛で発酵させた食べ物はすごく独特です。

出典筆者撮影

琉球の王族が座っていたという椅子です。

お正月の3が日限定の、「新春の宴」というイベントをやっていました。
琉球王国の王室のお正月の挨拶を再現したもので、立派でしたよ。

出典筆者撮影

出典筆者撮影

毎年、王と王妃のモデルになる人たちが選ばれるそうです。

出典筆者撮影

この日はゆいレールでいろんな場所を周りました。DFSギャラリアでは、金箔入りのシャンパンがふるまわれました。免税店でも時計が200万くらいしたりして、セレブな空間。

写真は宝くじの収入でできたという大通りです。宝くじって地域振興にも使われてるって、ここで初めて知りました。

出典筆者撮影

本物のイリオモテヤマネコには会えなくて、博物館で剥製を見ました。
ひめゆりの塔には行かなかったのですが、文化施設が固まってるゾーンがあって、どの施設に行ったのか忘れてしまったのですが、沖縄の歴史を詳しく紹介しているところがありました。

沖縄には昔はケーピン鉄道が走っていたのですが、戦争で壊されてしまって、そこに米軍基地が建てられたので、長距離の鉄道が無いんです。
ニュースも本土と島と、少し分けて放送されていました。
うちなーんちゅの人たちの特別な気持ちがあるんだなぁと感じました。

那覇市も住む可能性があったんですよ。その土地その土地の文化とか歴史とか、人の気持ちを考えながら旅行していました。

出典筆者撮影

デパートにも、お正月の華やかな民族衣装のお姉さんたちがいましたよ。お正月の南の島は、明るいお祝いムードでした!

この記事を書いたユーザー

naonao このユーザーの他の記事を見る

アメーバマイスターのブロガーです。
ライターは初心者です。よろしくお願いします。

得意ジャンル
  • マネー
  • 海外旅行
  • 国内旅行
  • おでかけ
  • グルメ
  • 料理
  • キャリア
  • 音楽
  • 社会問題
  • インターネット
  • 暮らし
  • カルチャー
  • コラム

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス