◆うがい薬と言ったら何を思い浮かべますか?

出典 http://www.gettyimages.co.jp

皆さん、うがい薬と言ったら何を思い浮かべますか?
筆者は、子どもの頃からうがい薬と言ったら明治の「イソジン」でした。
”うがい薬”と言うより、「イソジン」で通じていました。
その「イソジン」が、明治から消えてしまうのです…。

◆明治「イソジン」が消える日

Licensed by gettyimages ®

2016年3月 明治ホールディング傘化のMeiji Seikaファルマが、うがい薬「イソジン」ブランドと別れることになったそうです。

<背景>
イソジン商標を持つ米国の製薬会社ムンディファーマが、明治とのライセンス契約の解消を求めたため。

「イソジン」って明治のイメージが強かったのですが、商標は別会社が持っていたのですね。

◆新「イソジン」は、塩野義製薬へ

DSC_3181
by hetgallery

今後は、イソジン商標を持つムンディファーマが日本でイソジンブランドの自社展開をするそうです。ただ、国内の自社販路がまだ充実していないため、来年4月からは塩野義製薬がムンディと提携し販売していくようです。

◆パッケージも見納め

出典 http://www.amazon.co.jp

<今後の展開>
明治は来年4月より、「明治うがい薬」として現イソジン製品と中身が完全同一・ブランド名だけを変えた製品を発売するそうです。

※イソジン商標以外の成分・容器・包材などは、引き続き明治も使用出来る製造販売承認を得ている。

◆カバくんはどこへ?

出典 http://www.amazon.co.jp

1985年にカバのキャラクター「カバくん」として登場。テレビCMや小学校・幼稚園でのうがい教室などを通じて”うがい文化”の定着を図って来ました。その「カバくん」に移籍問題勃発!?

安心して下さい!!

トレードマークの「カバくん」は、【明治】に残留するそうです。製品名は変わっても、「カバくん」・「効き目」・「味」は引き継がれるようです。

新カバ登場?「カバくん」と激突なるか!?

カバ「つぐみ」
by noriqnub

ムンディが開発・製造し、塩野義が販売する新「イソジン」。
なんと、こちらのパッケージにもカバのようなキャラクターが採用されると言う。

「カバくん」にライバル登場で、店頭ではうがい薬戦争が勃発するかも知れない。これは、「カバくん」を見守りつつ新キャラの様子を見たいところだ。

Licensed by gettyimages ®

来年4月からは、中身は全く一緒の異なるブランド名のうがい薬が店頭に並びます。皆さんは、何で選びますか?値段?ブランド?
今後のうがい薬市場から目が離せませんね!!

この記事を書いたユーザー

kuu このユーザーの他の記事を見る

新商品を試すことが大好きな専業主婦です。
新鮮な情報をいち早くお届けします。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス