普段何気なく乗っているバス

バスが発車しかかった時 「あっ、まだ乗る人います!」運転手さんへ伝えた若い男性の乗客。
無事にご老人の女性は乗車することができホッとした様子。
もちろんその若い男性が運転手さんへ伝えてくれたことなど知りません。男性も何事もなかったように乗車しています。

下車する時に老人女性は運転手に「ありがとうございます。助かりました」とお礼を言いました。

些細な事かもしれないけれど

その若者の言動は、そこに居た乗客を少しほっこりさせてくれたと思います。
本当の優しい人とは、パッと手を差し伸べる事ができる人なのかもしれないですね。
しかし小さい事だからこそ、難しい。小さな善意が沢山広がってゆけば世界はもっと平和になるのではないでしょうか。そんな事をふと考えた出来事でした。

この記事を書いたユーザー

mido このユーザーの他の記事を見る

音楽大学卒業後、作曲活動を続けています!手がかかりまくりな猫ちゃんとの生活を満喫、奮闘中。

得意ジャンル
  • 音楽
  • 動物
  • スポーツ
  • 恋愛
  • カルチャー
  • 美容、健康
  • 感動
  • コラム

権利侵害申告はこちら