働く女性の身だしなみとしてストッキングは必需品。ピュアベージュやヌーディベージュ など、既によく買うカラーが決まっている女性も多いのではないでしょうか。そのカラー、本当にあなたの肌のカラーに合っていますか?ベージュのストッキングは、脚のファンデーション。毛穴やくすみをカバーし、あなたの足の美脚度を上げてくれる重要なアイテム。合っていないカラーのストッキングを選ぶと年齢より老けた印象を与えてしまうことも。

◼︎ストッキング選びの第一歩、パーソナルカラー診断
 パーソルカラー診断とは、あなたを華やかに魅力的に見せてくれるカラーのこと。人は誰でも肌のカラー、目のカラー、髪のカラーに応じてそれぞれのベースカラーを持っているのです。パーソナルカラーは、ベースカラーと調和するカラーとも言い換えられます。「大好きなカラーの服を買ったけど、着てみたら似合わなかった…」なんて経験はありませんか?そのような場合の大半は、大好きなカラーとパーソナルカラーが一致していません。大好きなカラーを身に付けたい気持ちも分かりますが、自分のパーソナルカラーを知って、どのベージュのストッキングを選べば良いのか見ていきましょう。パーソナルカラー診断はストッキング以外にも、今後の洋服やアクセサリー選びいも活かすことができますよ。

◼︎あなたのパーソナルカラーはどのタイプ?
 ベースカラーは春タイプ、夏タイプ、秋タイプ、冬タイプの4種類。イエローベースかブルーベースかという軸と、ダークトーンかブライトトーンかの合わせて2つの軸で診断することができます。早速、あなたの肌のカラー、目のカラー、髪のカラーから、どのタイプかを診断してみましょう。

《肌のカラー》
・色白だが、少し黄色が入った肌 → 春タイプ
・色白だが、少しピンクが入った肌 → 夏タイプ
・ベージュの肌 → 秋タイプ
・色黒、または色白 → 冬タイプ

《目のカラー》
・ブラウンの大きな目 → 春タイプ
・ブラックで切れ長の目 → 夏タイプ
・深みのあるダークブラウン → 秋タイプ
・濃いブラックでくっきり目 → 冬タイプ

《髪のカラー》
・ライトブラウン → 春タイプ
・やわらかいブラック → 夏タイプ
・ダークブラウン → 秋タイプ
・ツヤ感のある濃いブラック → 冬タイプ

肌のカラー、目のカラー、髪のカラーを通して、もっとも当てはまるものが多かったタイプがあなたのベースカラーのタイプです。もし3つ共違うタイプが当てはまってしまった場合、今回は肌のカラーで当てはまったタイプをベースカラーのタイプとしましょう。

◼︎美脚ストッキングで選ぶべきベージュカラーは?
 自分のパーソナルカラーではないストッキングを履いていると、老けた印象になってしまうことがあります。自分の部屋で鏡を見ている時は気づかなくても、オフィスなどで遠くから見られると顔と足のベージュカラーの違いが目立ってしまうのです。全体のバランスを整え美しく見せるためにも、ストッキングを買うときはパーソナルカラーに沿ったベージュカラーを選んでみましょう。

《春タイプにはヌーディベージュ》
イエローベースとブライトトーンの特徴を持つ春タイプには、春らしい明るいカラーが合います。洋服を選ぶならイエローやライトグリーン、ストッキングを選ぶなら素肌のような質感を持つヌーディベージュがオススメ。自然なイエロー系のベージュで、日本人女性にはもっとも馴染みやすいカラーとも言われています。反対にカラーの濃淡がはっきりしているものは似合わないため、強いベージュのストッキングは控えた方がよさそうです。

《夏タイプにはピュアベージュ》
 ブルーベースとブライトトーンの特徴を持つ夏タイプには、夏っぽい爽やかなカラーがぴったり!洋服を選ぶならパステルカラーや薄めの柔らかいピンク、ストッキングを選ぶならピュアベージュがよく肌に馴染みます。ピュアベージュは明るく華やかな印象を持つピンク系のベージュです。反対に夏タイプの女性はダーク系のカラーやイエローは相性が良くないので、濃いベージュは選ばない方が良いでしょう。

《秋タイプにはスキニーベージュ》
イ エローベースとダークトーンの特徴を持つ秋タイプには、秋を感じさせるような落ち着いた大人っぽいカラーが合います。洋服を選ぶならブラウンやオレンジ系、ストッキングを選ぶならスキニーベージュが良いでしょう。ヌーディベージュやピュアベージュに比べるとカラーが濃いですが、健康的な印象を与えれます。反対に秋タイプはパステルカラーとの相性が良くないので、あまり薄いベージュを選ぶと全身コーディネートで見たとき物足りなさを感じるかもしれません。

《冬タイプにはベビーベージュ》
 ブルーベースとダークトーンの特徴を持つ冬タイプは、冬にも映えるビビットなカラーが相性抜群!洋服を選ぶならレッドやブラックやホワイト、ストッキングを選ぶなら色白な女性にはベビーベージュがオススメです。反対にイエロー系のカラーや淡いカラーとの相性が悪いので、ストッキングを選ぶ時は注意してください。肌が白い人ほど、中途半端なベージュを選ぶと顔と足のカラーの違いが目立ってしまいます。


 自分のベースカラーからパーソナルカラーとオススメのベージュカラーを知ることはできましたか?ベージュのストッキングはフォーマルな場でも役立つ、女性の身だしなみです。次回にストッキングを買うときは、参考にしてみてくださいね。あなたの脚をもっと綺麗に魅せましょう!

*下着のオンラインフィッテイングならFITTY(フィッティ)*

この記事を書いたユーザー

たなゆみ このユーザーの他の記事を見る
得意ジャンル
  • スポーツ
  • インターネット
  • 美容、健康
  • ファッション

権利侵害申告はこちら