不幸にして若ハゲに…でもあきらめちゃいけない!

若ハゲ(若年性脱毛症)(≒AGA)に悩む人が増えているせいか、毛髪トラブルを治療できる病院の数も増えてきました。

AGAの治療を行っているクリニックには、皮膚科やメンズ系の美容外科、毛髪専門クリニックなどがあります。施設によってアプローチの方法は異なるため、どのような治療を行っているのかを事前にリサーチしたうえで受診するようにしましょう。

そもそも若ハゲって何だろう?と思った方はこちらへどうぞ。

若年性脱毛症と壮年性脱毛症の違いは、AGAが発症する年齢にあります。一般的に、10代~30代前半で発症するケースを若年性脱毛症、30代後半~50代にかけて発症するケースを壮年性脱毛症と呼ぶといわれています。

出典 http://mens-skincare-univ.com

自分で調べるのは面倒…そんなあなたへ

そもそも若ハゲって治療できるの?と疑問の方は、下の記事を見る前にこちらのリンク先を見ることをお勧めします。

皮膚科の主な治療法

皮膚科での主な治療方法は薬物の処方による治療が一般的です。ただし、皮膚科には薄毛治療を希望している患者様ばかりではないので、皮膚の状態が悪いのであればまずは皮膚科の受診をお勧めしますが、AGAの症状であれば専門の医療機関で受診することをお勧めします。

美容外科の主な治療法

美容外科では毛髪専門外来などを設けているクリニックもあります。そのため、より専門的な検査や診察を受けることが可能に。行われている治療はクリニックによって異なりますが、レーザー治療や、薄毛の大きな原因となる「成長因子の不足」を改善するため成長因子を頭皮に補う毛髪再生療法を行っているところも多くみられます。

毛髪専門クリニックの主な治療法

毛髪専門クリニックはAGAなど毛髪のトラブルを専門的に検査、診察、治療するクリニックです。薄毛を引き起こしている原因を徹底的に検査し、患者個人に合わせたオリジナル治療を行うのが一般的です。治療方法はクリニックによって異なるため、毛髪専門クリニックでの治療を考えるのであれば事前に治療方法をリサーチしておきましょう。

植毛クリニックの主な治療法

植毛クリニックは植毛を専門に行うクリニックです。その他のクリニックが薄毛症状を遅らせる治療をメインにしているのに対し、植毛クリニックでは薄毛賞状が出ている箇所にも治療を実施することができます。現在、主流となっているのは患者個人の毛髪を脱毛部位に移植する自毛植毛。男性ホルモンの影響を受けにくい後頭部の毛髪を毛根ごと移植するので、治療後に再発する心配もほとんどないといわれています。

具体的にどんな薬が使われるかはこちらが詳しいです。

若ハゲ治療にはプロの手が不可欠

AGAの治療は、薄毛の進行を食い止めるケアとなります。ケア方法には、育毛剤などを利用したセルフケアから、育毛サロンや毛髪クリニックの利用などが考えられますが、早期対策を考えるのであれば、やはりクリニックでの治療がおすすめです。

この記事を書いたユーザー

メンズスキンケア大学 このユーザーの他の記事を見る

男性のあらゆる肌悩みを解消するべく、肌トラブルに対する正しい対処法、改善方法などを医師や専門家の協力のもと信頼・安心できる情報をお届けします。

得意ジャンル
  • マネー
  • おでかけ
  • 恋愛
  • 美容、健康
  • おもしろ

権利侵害申告はこちら