若ハゲにはなりたくない!なら日々の食事を見直そう!

人間の健康が摂取する食事内容に左右されるように、髪の毛も摂取する食事に大きく左右されます。

特に若い年代の場合、仕事が忙しくて食事が不規則だったりファストフードに頼りがちだったりで十分な栄養が摂れていない場合が多くあります。若い方の場合は、特に髪の健康を守るために意識して食事をするようにしましょう。

食事以外の予防に関してはこちらから。

ライフスタイル(生活習慣)と毛髪トラブルには密接な関係があります。食事が不規則だったり睡眠時間が十分にとれていないことの多い若い年代の方は、特に生活習慣の乱れによる血行不良などが薄毛を引き起こしがちです。

出典 http://mens-skincare-univ.com

若ハゲにならないために必要な4大栄養素

1.髪の元となる「タンパク質」

毛髪はケラチンというタンパク質によって構成されています。食事によって摂取されたタンパク質は体内でアミノ酸に分解され、毛細血管によって毛乳頭へ運ばれます。毛乳頭を包み込むように存在する毛母細胞がそのアミノ酸を受け取り、分裂をくりかえすことでケラチンを作り出しメラニンを生成します。このくりかえしにより毛髪は作られ成長していくのです。

2.髪をつくる「亜鉛」

毛母細胞の分裂により作られるケラチンですが、この生成をサポートするのが亜鉛です。亜鉛が不足するとアミノ酸の合成が上手く行かなくなるので、毛髪の生成に影響がでるといわれています。ただし、過剰摂取に注意し用法容量を守り服用するようにしましょう。

3.毛母細胞の細胞分裂を活発にする「ビタミンB郡」

毛髪をつくるための細胞分裂の活性化を高める成分といわれているのがビタミンB群です。ビタミンB群には細胞を活性化させるだけではなく、頭皮の血行を改善する効果も期待することができます。

4.IGF-1を生成する「カプサイシン・イソフラボン」

IGF-1(インスリン様成長因子-1)は毛母細胞を活性化し、毛髪の成長を促進させる効果の期待できる成分として注目を集めているものです。唐辛子などに含まれるカプサイシンや大豆などに含まれるイソフラボンに多く存在するといわれ、この2つの成分を同時に摂取することで効果を得ることができるといわれています。

4つの栄養素を上手く取って、若ハゲ予防を

健康な体を維持するためにはバランスのよい食事が何よりも重要。それは毛髪の健康を維持するためにも同じことです。日常の食事に気を付けて、髪を守りましょう。最後にこの他にもできる、今すぐ試せる若ハゲ対策とライフスタイル指南の記事のリンクを用意しましたので、そちらも参考にしてさらに髪にいい暮らしをしましょう!

この記事を書いたユーザー

メンズスキンケア大学 このユーザーの他の記事を見る

男性のあらゆる肌悩みを解消するべく、肌トラブルに対する正しい対処法、改善方法などを医師や専門家の協力のもと信頼・安心できる情報をお届けします。

得意ジャンル
  • マネー
  • おでかけ
  • 恋愛
  • 美容、健康
  • おもしろ

権利侵害申告はこちら