現代人の多くが悩まされている”肩こり”。
定期的にマッサージに通ったり、いろいろな薬を試したりなんて方も多いのではないでしょうか?
筆者も仕事柄PCを長時間使用するため慢性的な肩こりに悩まされてきました。
月に1、2度マッサージ店に通っていたものです。
月のマッサージ代もばかにならなく\5000~\10000と言ったところでしょうか。
そんな私も筋トレを始めてから不思議と肩こりがなくなりました、本当にまったくです。
ジムの筋トレ仲間と話をしてもみんな口をそろえて「筋トレをしてから肩こりがなくなった」と、もはや筋トレあるあるですw

本日は肩こりに効く筋トレをご紹介します。
女性でも身の回りにあるもので自宅で簡単にできますので一読の価値ありです!!

筋トレが肩こり解消に効果的なわけ

筋トレをすると肩の筋肉が余計に硬くなりそう。女性はムキムキになりたくない。
と、思われるかもしれませんが安心してください!
筋トレをすると血行が良くなり筋肉がほぐれます、しかも指圧などの部分的なマッサージとは違い肩こりの原因となっている筋肉全体をほぐすことができます。
また肩こりの原因に大きく関係している頭蓋骨を支える筋肉を鍛えることが出来るので慢性的な肩こりから抜け出すことができるのです。
また、軽い負荷(重さ)で短時間の筋トレでは筋肉自体は丈夫になれど大きくはなりませんのでご安心ください。

ターゲットは”僧帽筋”

僧帽筋(ソウボウキン)とは人間の背中の一番表層にあるとても大きな筋肉です。
縦は頭蓋骨と首の付け根~背中の真ん中あたりまで
横は肩の付け根~反対の側の付け根まで

肩こりになっている場所はこの僧帽筋なのです。

僧帽筋の筋トレ方法

出典 YouTube

①まず500mlのペットボトルいっぱいに水を入れてダンベル代わりにします。
慣れてきたら1L→1.5Lと重くしていきましょう。

②ペットボトルを両手に持ってまっすぐ立ちます、このとき足の幅は肩幅くらいにします。

③ゆっくりと肩をすぼめていきます、このとき1・2・3と3秒数えてください。

④限界まですぼめたら1・2・3・4と4秒かけておろしてください。

コツは筋肉の伸縮を感じることです。
肩を上げた状態→筋肉が縮んだ状態
肩を下げた状態→筋肉が伸びた状態
一番縮んだ状態から伸びたと感じる状態まで持っていきましょう。

⑤この動作を20回くりかえします、大切なのは回数をこなすのではなく1回1回を丁寧に行うこと。最初は20回できなくてもOKです。

⑥1分間休憩します。

⑦次は15回を繰り返します。

⑧1分間休憩します。

⑨最後に12回繰り返します。

⑩おしまいです、おそらく7分くらいでできると思います。テレビを見ながらでもできるので毎日行いましょう。

背中のトレーニングの代表的な種目で「シュラッグ」といいます。

※自分の筋力と相談して重さや回数は微調整してくださいね。


この記事を書いたユーザー

マスターお肉 このユーザーの他の記事を見る

頑張ります!

得意ジャンル
  • 話題
  • 社会問題
  • 動物
  • スポーツ
  • 育児
  • 美容、健康
  • 感動
  • コラム
  • おもしろ

権利侵害申告はこちら