20代からハゲるなんていやだー!

20代から30代前半の間(まれに10代でも)に起こる若年性脱毛症、いわゆる“若ハゲ”は、若い時期に起こる脱毛症として、AGA(男性型脱毛症)などの別称となっています。

10代や20代、30代前半の若い時期から薄毛が気になりだしたら、AGA(男性型脱毛症)を疑った方がいいかもしれません。

AGAについて知りたい人はこちらへ。この記事では若ハゲの原因について進めます。

AGAとは、男性ホルモンである「テストステロン」が5αリダクターゼという酵素と結びつき「ジヒドロテストステロン」という脱毛物質に変換されることで起こる脱毛症です。その発症人数は1260万人に上るとされており、もっとも多くの男性が悩む脱毛症といわれています。

出典 http://mens-skincare-univ.com

若ハゲを招く4つの原因

1.ストレス

ストレスにより自律神経に乱れが生じると、血管の収縮が引き起こされます。血管が収縮すると血流が悪くなるため、毛髪に必要な栄養素がスムーズに毛乳頭へ届けられなくなると考えられています。

ストレスは頭髪に非常にダメージを与えます、詳しく知りたい方はこちらのリンクから

2.不規則なライフスタイル

毛髪や爪、皮膚などの形成と成長に大きく関わる成長ホルモンは、寝ている間に分泌されます。特に、入眠後約30分~1時間後のノンレム睡眠(深い眠り)に入ったタイミングで多く分泌されるといわれています。毛髪の材料となるケラチンの合成には成長ホルモンの働きが深く関係しているため、髪の成長のためには深く良質な睡眠が必要と考えられています。

3.偏った食生活

毛髪は、主にケラチン(タンパク質)で作られており、これを合成するためには亜鉛などのミネラルが欠かせません。しかし、栄養素は生命維持に関わりのある部位から消費されるため、爪や毛髪への供給順位はかなり低くなっています。体内に摂り込んだ栄養素が不足していると毛髪まで回ってこなくなるため、形成と成長に大きな影響をきたすと考えられています。

4.眼精疲労

眼精疲労は頭皮の血行不良を招く原因になるばかりでなく、目のダメージを補うために、毛髪の形成に必要な成分であるシスチンも消費してしまいます。 現代社会においてスマホやパソコンなどなくてはならない存在となっています。しかし、過度の使用による眼精疲労は薄毛の原因となる可能性があるため、注意が必要です。

当てはまるものがあったら見直してみよう!

このように、若いうちから薄毛に悩まされている人は、ライフスタイルにも問題があるのかもしれません。健康な毛髪を維持するためにも、今一度、生活習慣を見直してみてはいかがでしょうか。

なお、悪習慣が若ハゲを招くことについては、こちらのリンクも詳しいですので、併せて読むことをお勧めします。

この記事を書いたユーザー

メンズスキンケア大学 このユーザーの他の記事を見る

男性のあらゆる肌悩みを解消するべく、肌トラブルに対する正しい対処法、改善方法などを医師や専門家の協力のもと信頼・安心できる情報をお届けします。

得意ジャンル
  • マネー
  • おでかけ
  • 恋愛
  • 美容、健康
  • おもしろ

権利侵害申告はこちら