白髪になるまでの道のり

ある日突然、髪に白髪を発見。自分にも白髪が生えることがあるのだという、驚き。そして、それと同時に白髪が生えてしまったことによる、哀しみ、後悔。なんとかならなかったのかと、自分を責めることもあるでしょう。

ですが、白髪になるのには原因があります。

白髪は薄毛や男性型脱毛症と同様に遺伝的要因が強いとされていますが、その原因は長く解明されていませんでした。しかし近年その研究が実を結び、白髪のできるメカニズムが解明されてきました。

出典 http://mens-skincare-univ.com

髪の毛の色が失われるメカニズムがあります。髪の毛の色を決定するメラニンを生成するメラノサイト(色素形成細胞)が働かなくなり、活動をやめてしまうことから、メラニンが髪の毛に与えられなくなります。結果として、白髪になってしまうのです。

メラノサイトが予防のカギを握る

ここで、メラノサイトの働きが元に戻れば、黒髪になるという理論が成立します。

残念ながら、白髪の多くの原因である加齢の場合は、メラノサイトが失われてしまっている場合がほとんどです。メラノサイトがなくなってしまい再配置されないと、いくら対策を講じても髪の色であるメラニンを生成することができません。

出典 http://mens-skincare-univ.com

メラノサイトが残っている白髪には、病気によるものがあります。慢性胃腸疾患・マラリア・甲状腺疾患・円形脱毛症などの病気に罹ると、白髪が発生するといわれています。また、若白髪も対処してあげることで、白髪を解消することができます。

そこで、白髪にならないためにも、予防をしっかりとする必要があるのです。

白髪を予防するために

白髪には遺伝・加齢・生活環境・ストレスなど、様々な原因があげられます。このうち遺伝や加齢などは、予防しようのない原因になっています。しかし、生活環境やストレスは改善が可能です。

ストレスの原因は人それぞれですが、白髪があることもストレスとなり得ます。白髪があることが気になってしまい、心の負担となってしまうのです。

出典 http://mens-skincare-univ.com

白髪染めをして、隠す工夫も必要です。それだけでも、白髪から受けるストレスを減らすことができます。結果として、白髪の進行を防ぐことができる可能性が高まります。

この記事を書いたユーザー

メンズスキンケア大学 このユーザーの他の記事を見る

男性のあらゆる肌悩みを解消するべく、肌トラブルに対する正しい対処法、改善方法などを医師や専門家の協力のもと信頼・安心できる情報をお届けします。

得意ジャンル
  • マネー
  • おでかけ
  • 恋愛
  • 美容、健康
  • おもしろ

権利侵害申告はこちら