若ハゲとハゲ、違いは発症年齢

若年性脱毛症(若ハゲ)と壮年性脱毛症の違いは、AGAが発症する年齢にあります。

一般的に、10代~30代前半で発症するケースを若年性脱毛症、30代後半~50代にかけて発症するケースを壮年性脱毛症と呼ぶといわれています。

出典 http://mens-skincare-univ.com

若ハゲとハゲに、他に違いはないの?

若年性脱毛症と壮年性脱毛症という呼称は正式なものではありません。AGAの発症年齢に合わせて、便宜上そのように呼び始めたというだけです。

若ハゲとハゲの差異に関しては、下のリンクが詳しいですので、どうぞ。

じゃあ若ハゲ≒AGAってことでいいの?

若ハゲは「若年性脱毛症」の別称といわれているのですが、この「若年性脱毛症」は若い頃に発症するAGA(男性型脱毛症)の呼称となることが多いです。

10代や20代、30代前半の若い時期から薄毛が気になりだしたら、AGA(男性型脱毛症)を疑った方がいいかもしれません。

AGAは進行性の脱毛症であるため、放っておけばそれだけ薄毛は進行してしまいます。そのため、AGAはできるだけ発症させないように予防することと、発症してしまったらその進行を遅らせるようにケアすることが大切です。

AGAは、一度発症すると自然に治癒することはなく、放っておくと薄毛はどんどん進行してしまいます。

AGAの治療を行っているクリニックには、皮膚科やメンズ系の美容外科、毛髪専門クリニックなどがあります。施設によってアプローチの方法は異なるため、どのような治療を行っているのかを事前にリサーチしたうえで受診するようにしましょう。

最後に若ハゲの原因と予防が詳しく説明されているリンクを用意しましたので、こちらも参考にして若ハゲについてきちんと学んでいただければ幸いです。

この記事を書いたユーザー

メンズスキンケア大学 このユーザーの他の記事を見る

男性のあらゆる肌悩みを解消するべく、肌トラブルに対する正しい対処法、改善方法などを医師や専門家の協力のもと信頼・安心できる情報をお届けします。

得意ジャンル
  • マネー
  • おでかけ
  • 恋愛
  • 美容、健康
  • おもしろ

権利侵害申告はこちら