そろそろ白髪染めかも、と思ったら

ロマンスグレーという言葉があります。男性の白髪ヘアーも、それはそれで素敵です。ですが、そこに到達するまで、心理的な葛藤もあることは事実です。

そこで、白髪を隠すためにも、白髪染めは重要になってきます。

もちろん、白髪染めをしない選択もあります。そこは個人の趣向によってわかれるところです。あなたなら、どうしますか?

知って納得!タイプ別の特徴

白髪染めには、それぞれのタイプ別に特徴があります。

素手で染められる白髪染め・・・低刺激な分、染毛力も一般的な酸化染毛剤よりは劣ります。そのため1度では完全に染まらないというデメリットもあります。

シャンプーしながら染める白髪染め・・・染毛力は弱く2週間~1ヶ月という長期間、毎日使う必要があります。その分、一般的な白髪染めと違い徐々に染まるため仕上がりが自然になりやすいというメリットもあります。

泡で染める白髪染め・・・染毛力が強い分、短期間に繰り返し使うと髪や頭皮へのダメージは否めません。髪や頭皮への刺激が心配な場合、泡タイプと素手で染められるタイプを併用するのもオススメです。

部分染め用の白髪染め・・・シャンプーで落ちてしまうのが難点ですが、近年では白髪を隠した上で染毛効果もある部分染め用の商品も登場しているようです。

頭皮に優しい白髪染めを選ぶために

白髪染めは、繰り返し使うことになります。

一般に薬局やドラッグストアで販売されている白髪染め用ヘアカラーは、アルカリ性の染料と過酸化水素を混ぜ合わせて使う酸化染毛剤です。

出典 http://mens-skincare-univ.com

酸化染毛剤を使用した白髪染めは、頭皮にダメージを与え続けます。繰り返し使ううちに、髪がゴワゴワになってしまいかねません。

白髪染めを知るために

白髪染めは、一回使ったら終わりではありません。また、次も染める必要があります。白髪染めを知ることは、正しい知識を身に付けることに繋がります。だからこそ、頭皮に優しいタイプを選びたいものです。

この記事を書いたユーザー

メンズスキンケア大学 このユーザーの他の記事を見る

男性のあらゆる肌悩みを解消するべく、肌トラブルに対する正しい対処法、改善方法などを医師や専門家の協力のもと信頼・安心できる情報をお届けします。

得意ジャンル
  • マネー
  • おでかけ
  • 恋愛
  • 美容、健康
  • おもしろ

権利侵害申告はこちら