白髪に関する基礎知識

「あ、あるかも」と、初めは気にならなかった白髪も、「ちょっと増えすぎかも」というレベルまで本数が増えてくるとやはり気になるもの。ですが、白髪がどうしてできるのか、そのメカニズムまで回答できる人は少ないはずです。そこで、正しい知識をみにつけておきましょう。

髪の毛の色が失われるメカニズムは、髪の毛の色を決定するメラニンを生成するメラノサイト(色素形成細胞)が何らかの理由で失われる、もしくは働きが衰えその結果メラニンが髪の毛に与えられず、白髪になってしまうというものです。

出典 http://mens-skincare-univ.com

若いころに出てくる、若白髪。年齢を重ねていくことで、出てくる白髪。どちらも似ているようですが、前者がメラノサイトを回復させることができるのに対して、後者はメラノサイトが完全に失われた状態がほとんどという違いがあります。

残念ながら、失われた機能を完全に回復させることは、できません。そのため、気になる白髪を隠すためにも、白髪染めが有効になってくるのです。

白髪染めを4タイプ紹介します

近年注目されている髪や頭皮に優しい白髪染めを中心に4種類紹介します。

素手で染められる白髪染め・・・髪や肌・頭皮への刺激が少ないため、安心して髪全体を染めることができます。

シャンプーしながら染める白髪染め・・・お風呂で髪の毛を洗う際に使用し、同時に白髪も染めることができる白髪染めです。

泡で染める白髪染め・・・液状のものと違い液垂れせず染めやすいのが特徴です。近年では泡タイプでも低刺激な商品も登場しています。

部分染め用の白髪染め・・・部分的に染めたい箇所があるときに使用します。

どのくらいの頻度で使えばいいの?

白髪染めが頭皮に与えるダメージを考えると、どのくらいの頻度で使えばいいのでしょうか?

素手で染められるタイプ・・・1週間に1、2回程度。

シャンプータイプ・・・毎日、使っても大丈夫。

泡タイプ・・・1ヶ月に1回を目安に。

いくら髪や頭皮に優しいとは言え、許容範囲を超えて繰り返し使ってしまっては髪や頭皮へのダメージは免れません。

出典 http://mens-skincare-univ.com

何事もほどほどで、おさえておきましょう。

白髪染めを正しく使うために

近年は、頭皮に優しいタイプが主流になりつつありますが、低刺激な商品はそれだけ染まりが悪くなります。即効性を期待できる商品ほど、刺激が強い傾向があります。その点を踏まえた上で、自分にあった白髪染めを選びましょう。

この記事を書いたユーザー

メンズスキンケア大学 このユーザーの他の記事を見る

男性のあらゆる肌悩みを解消するべく、肌トラブルに対する正しい対処法、改善方法などを医師や専門家の協力のもと信頼・安心できる情報をお届けします。

得意ジャンル
  • マネー
  • おでかけ
  • 恋愛
  • 美容、健康
  • おもしろ

権利侵害申告はこちら