今年の流行語大賞にも選ばれた「爆買い」をするために中国から秋葉原や新宿、渋谷など日本の各地にやってきては、大量に物を買っていく中国人。
日本人が買えないなどのトラブルもあるが、これまでは飛行機が主体だったため、一定以上の荷物を持っていかえるということは難しかった。
しかし、今その飛行機という手段を見直し、大量に買い付けてもどんなに爆買いをしても持って帰れる船でやってきての爆買いが流行っているようです。

Twitterで爆買い船についてつぶやく人達

どうやら大阪や東京などの都市圏だけでなく地方である。沖縄や福岡にも爆買い船はやってきているようです。

この写真をみるとデパートか何かかという感じの船ですね…。
とんでもない人数で買い付けに来ることができそうです。

爆買い船で交通が麻痺?

これは恐ろしいですね…。

船なら1隻で多くの人間を運べますが、それがみんなで分散してバスに乗るとこういう結果をもたらしてしまうのです…。

豪華客船に乗るということ自体がレジャー

豪華客船のクルーズって中でなんでも出来ますもんね。
優雅に海のど真ん中でプールで泳いだり、バーでお酒も飲めるし、映画やショーも毎日の様に開かれていますからね…。

それを考えると飛行機で来るだけ来て爆買いして帰るただの買い付けとはちがい、
爆買い船は船に乗ること自体が楽しみであり、海を優雅にクルーズして、そのオプションとして日本で買物ができるという究極のレジャーなのかもしれません。

しかし、地元の商店街などでは買い物しない?

経済効果が期待されるとはいえ…。

かなりの経済効果が期待できるとはいえ上記のようにその地域で生活している人が買物をできなくなるほどの爆買いをされてしまうと恐怖ですよね…。
日本の物資が無くなってしまいます。しかも、交通まで麻痺させられるとなると迷惑この上ないものとなってしまいます。

そして、基本的にはドンキーホーテ-やイオンなど地元とは関係ないところで消費をして、帰って行ってしまう。地元住民からすると迷惑でしか無いという自体になりかねません。

爆買い船がやってきて地域経済が潤うなどと言っている場合ではなく対策を取らなければ大変なことになってしまうかもしれません。
とは言え商機であるのは確かですので地元の商店街なども来てもらえる努力をすることも大切なのかもしれません。

この記事を書いたユーザー

いつか笑って過ごせる日まで このユーザーの他の記事を見る

いつか笑って過ごせる日までと申します。 起業家でフリーライターです。政治からゴシップネタまで幅広く手掛けています。 残念ながら今はまだ貧乏人です…。

得意ジャンル
  • 話題
  • 社会問題
  • インターネット
  • コラム
  • ニュース

権利侵害申告はこちら