若い世代にも聞いて欲しい!!これが激動の青春を送った若者が歌った反戦歌だ!!

今の20~30代の皆さんのお父さん、お母さん世代が若者だった頃、ベトナム戦争が起こりました。沢山の人が亡くなっていく悲劇を目の当たりにした日本のフォークソング歌手達は反戦歌を歌いました。私が特にご紹介したいのが『あの人の手紙』(かぐや姫)です。戦地に行ってしまった恋人を想う女性を主人公にした歌ですが、思わず泣いてしまう映画のようなストーリー展開なのです。

かぐや姫 あの人の手紙

出典 YouTube

優しい恋人との切ない最後の別れに涙が出ます。

この歌は今の若者にも考えて欲しい、強いメッセージが込められています。戦争は愛する人を殺す出来事なのです。ただ、逆に言えば愛する人が人殺しになってしまう出来事でもあります。『正義』の名の下に行われる殺人を法が『善』だと言っても、『良心』はどう思うでしょうか。今でも各地で戦争が起こり、沢山の家族の人生が狂わされています。地球上から少しでも戦争が減って行きますように、とこの年の瀬こそ思いを馳せます。

忘年会シーズンだからこそ聞いて欲しい、ふとした気の緩みから起こる事故が沢山の人間の人生を変えた実話を元にした名曲

2001年4月29日、東京都世田谷区の東急田園都市線において、4人の少年が銀行員の男性に対し車内で足が当たったと口論の末、三軒茶屋駅のホームで4人がかりで暴行を加え、のちにくも膜下出血で死亡させるという事件が起きた。
後日出頭した4人の内、主犯格となった2名が傷害致死罪に問われて逮捕され、事件の重大さから地方裁判所の公開法廷で審理が行われることとなった。裁判の中で2人は「申し訳なく思います」「自分という人間を根本から変えてゆきたい」などと反省の弁を述べた一方、事件自体は酔った被害者がからんできたことによる過剰防衛であると主張し、裁判中の淡々とした態度や発言から、真に事件に向き合い反省しているかどうか疑問を抱く態度を繰り返していた。
2002年2月19日、東京地裁において判決公判が行われ、少年2人に対して、懲役3 - 5年の不定期実刑が下された。判決理由を述べあげた後、山室惠裁判長が被告人2人に対し「唐突だが、君たちはさだまさしの『償い』という唄を聴いたことがあるだろうか」と切り出し、「この歌のせめて歌詞だけでも読めば、なぜ君たちの反省の弁が人の心を打たないか分かるだろう」と説諭を行った。

出典 https://ja.wikipedia.org

この歌は実際の裁判で、裁判官が被告人の少年達に「歌詞だけでも読めば」と言った程歌詞が素晴らしい。

さだまさし 償い

出典 YouTube

罪を犯すと言う事と、償うと言う事の難しさと悲しみを歌い上げた名曲です。

7年もの間欠かさず毎月行われる「仕送り」。真面目で善良な男性が、ふとした気の緩みから引き起こしてしまった交通事故。彼を「人殺し!!」と罵った亡くなった男性の妻。彼から何かの折に「事故を起こしてしまった事」「仕送り続けても償えはしない」と聞いていた主人公。7年欠かさず送られてくる「仕送り」を亡くなった男性の妻はどんな想いで受け取っていたのか、『許す』難しさ、それでも「貴方の人生を生きて欲しい」と告げた『勇気』…それでも彼は来月また郵便局へ通う。優しい人達が傷付けあい、苦しむ。それを見て涙する主人公の心情が胸を打ちます。年末は事故や事件が多くなります。少しでも、少しでも多くの人達にとって良い年越しになればと願わずにはいられません。

辛い時、苦しい時、もう生きていたって意味が無いなんて思ってしまう夜。この歌を聞いて元気を貰って欲しい。

この歌を歌った河島英五さんは48歳でこの世を去っています。若過ぎる死に、多くのファンが涙しました。いつも『理想の男』を思わせる歌を歌い、「酒と泪と男と女」等の名曲が多数あります。そんな彼が「生きてりゃいいさ」と歌った歌は、沢山の若者の心を救ったのです。

河島英五 生きてりゃいいさ

出典 YouTube

辛い事があった時、ふと口ずさみたくなるような、力強い応援歌。フォークには哀愁と、若者の熱いメッセージと、優しさが溢れているのです。

青春を生きる若者は、いや、いい年をした大人だって、時には死にたいなんて思ってしまう事がありますよね。死にたいと思わず言ってしまうような、苦しい時期がやってきたら、この歌を思い出して、口に出してみる。そうすると何故かふっと心が軽くなる様な気がします。それが『言霊』なのかも知れませんね。ポジティブ過ぎない「生きてりゃいいさ」が優しく心に寄り添ってくれます。

こんなに人を愛した事があるかな??と考えさせられる位、フォークのラブソングは熱い!!

『Mr.大阪』やしきたかじんさんの「東京」は曲の素晴らしさもさることながら、「あんたとならいつ死んでもかまわへん」と言う歌詞が凄いです。あの喋ってる時のたかじんさんからは想像出来ない美声。情熱的な歌詞。お亡くなりになられたのが今も悔やまれます。

やしきたかじん 東京

出典 YouTube

たかじんさんの曲はラブソングが多いんですが、女性が男性を深く深く愛している歌が多いんです。こんなに人を愛せるものなのかな??と考えさせられます。

恋を経験した人なら誰でも、胸を焦がす感覚や甘い思い出、悲しい失恋なんかを思い浮かべて歌を聴くのではないでしょうか??でもたかじんさんの歌を聞くと、『別れ』では絶対に揺るが無い!!と言う情熱的な愛情を感じます。『1生に1度の恋』を経験した!!と自信を持って言える人がどれ位居るのだろう…と考えさせられるラブソングです。

隠れた名曲がいっぱいのフォークソングの世界。決して『古く』なんてありません。

4曲ご紹介しましたが、まだまだ紹介し切れない位の名曲達がフォークの世界には宝の山のように転がっています。若い方にも是非聞いてみて欲しい。そんなフォークの名曲達でした。

この記事を書いたユーザー

sioco このユーザーの他の記事を見る

マイペース主婦・なんちゃって漫画家
美容・ファッション・料理が大好き♡
軽度の発達障害と双極性障害2型の持病を持っています
Blog『Siocoん部』⇒http://ameblo.jp/sioco69/

得意ジャンル
  • 音楽
  • インテリア
  • マネー
  • 動物
  • 料理
  • 暮らし
  • 恋愛
  • 美容、健康
  • ファッション
  • コラム

権利侵害申告はこちら